« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月27日 (金)

ゴールデンウィーク直前 湘南祭

今週末4月28日29日と茅ケ崎エリアにて

湘南祭

が開催されます!!

このイベントに茅ケ崎サザンビーチサーフハウスさん主催の

茅ケ崎ワクワクカヤック体験会が行われ、我が愛艇 プロフィッシュ45 初号機がデモ艇として
参加します。

29日は現地にてウロウロしてますので、参加される方は宜しくお願いします。

9


P1010102


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

買ってしまいました。

先日の真鯛釣りではボガクリップをGさんから借りてました。

真鯛釣りではマストアイテムっす!!

以前は名前も知らない1980円で買ったボガクリップを使用してました。
安かろう悪かろうと思ってましたが、かなり質実剛健で3年近くハードな使用に耐え、様々なフィールドで活躍してくれました。

が、オーストラリアでの釣行時うっかり海へ奉納。

仕方なしに買った二号は重さが分かるという代物だったが、使い始めて半年の海上でいきなりバラバラになり奉納。

うーむ、それなりの品を買わないとダメかな〜と物色していたが、決まらずにいた。

かのホエールさんや軍曹など名だたる名人はメイドインUSAの一生ものであるボガクリップを使用しているがそこまでの予算は掛けられない。

都合良く、カヌワールド別冊の50選にてボガクリップの記事を書いている最中だったので、購入を決意。
(と言っても決断するほど高額な物を買う訳ではないんですが)

通勤途中の新橋駅前のタックルベリーにてゲッツ!!

ネットに続き、プロックス製のフィッシュキャッチャーです。

Img_3605

が、増絞めをしていると、一カ所のボルトがくるくる回り、外れた。

おまけに付属している六角レンチはおもちゃのようにボルトを舐めまくった。

Img_3606

見た目は良いが、不安な一品である。

まめに手入れをし、末永く使えるようにしよう。

が、グリップの開き大きく、使い易い事は間違いない。大事にしよう☆

さて、静岡で仲良く成った釣り名人の方から写真が届いた。

大井川上流の山上湖にて57cmのトラウトを釣り上げたとの事!!すばらしい☆


Img_3604

ここは地域ぐるみでカヤックフィッシングを応援してくれてる場所なのでオススメです。

こんな大物が釣れるなら行くぞ〜!!!
バイキングカヤックニュース

のぶぞう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月12日 (木)

チャリティーフィッシング 絆 つづき

25m付近からスタート、北風に流されるままに任せて、真鯛ポイントまでフォールを繰り返す。

Gさんのニモシングルは3m弱ながら同じポイントで同じように釣りが出来る。

P1010272

パラアンカーを落とし、流されスピードを調整する。パラを入れるだけで、船首が北を向いてくれるのでありあがたい。

さて、と動画を撮影開始し、K.F GOLUGO のインプレを開始する。

P1010268

まず、フォールのフィーリングが良い事に驚く、今回から採用されたスパイラルガイドがスルスルとラインを運んでくれる。

着底して巻き上げを開始すると、以前より短くなり強くなったティップが丁度良い具合に曲がる。ちなみに先端には120gのインチクを装着している。 この辺は全て動画に納めているので写真が無い・・・

ジギングでのアクションが少し気になったので、インチクをジギングのようにシャクル。

おおおお!!気持ちいいぞ〜!! 明らかにプロトより進化している。

というより、まるで別のロッドだ!!うほほほ〜ラインも絡まずピッチ&ジャークが出来る。

これは楽しみだ〜!!!このロッドで大物を釣り上げたい!!!

これで真鯛がヒットすれば最高の紹介動画が撮影できる!!と思ったが、そうは問屋が卸さない(笑)


P1010274

寒い中、粘るもアタリは無い。

水深45m前後で、魚探に反応が出る、がアタリは無い。

2時間粘るも、ヒットは無くポイントを移動し、アオリを狙う。

P1010277

ゴルゴによるティップラン!!

キター!!!と言いたいが、着底は判断出来るが、竿先は曲がらない(笑)

さすがに専用ロッドのようにはいかないが、キャストしてのエギングには十分通用する☆


P1010278

この時期は渋い・・・・過去にもボウズは常で、同行した人が真鯛を釣り上げた事はあったが、ポイントが違う。


P1010280

にしてもテンヤにもアタリが無いとは・・・Gさんも全くダメ。

シンジ君も役に立たず・・・

P1010281

前回のチャリティーフィッシングでは60のマゴチを上げて、皆にさすが〜!!と言われたが仕方が無い。

浜に上がり、主催者の方々に詫びる。

P1010282

昼前には風は止んだが、午後には南の風が吹くので、暖かい内に片付けを始める。

続々とウエインインする参加者。

こんなに渋い状況でもマゴチを上げたSiroさん!!お見事!!

久しぶりに顔を合わせる、長浜ローカル面々と話をする。

P1010283

風が南に代わり、皆が全員浜上がりするのを確認したホエールさん以下スタッフの方達も浜上がりする。

渋い状況でも釣る人は釣る。 寒い中、暖かい美味しいコーヒーが有り難い。

ニューロッド「ゴルゴ」の実釣模様の撮影をし、三時からビーチクリーンを開始。

Dsc02113_2


Dsc02116

比較的キレイな長浜だが、漂着物は多い。

Dsc02119


ビーチクリーン終了後はお待ちかねの抽選会とチャリティーオークション☆

と、その前にチャリティーコーヒーの売上金を献上するビタモさん一行!!素晴らしい☆

Dsc02120

んで、半分に切ったトランプでの抽選。

景品が豪華だ!!参加保険料500円でこの権利を貰えるのは凄い。

各釣具メーカーやらルアーメーカー、カヌーメーカー、アウトドアメーカーと多種多様。


Dsc02123


Dsc02122


一通り渡った所で恒例のジャンケン大会!!


Dsc02126


すみません、日帰り温泉券が出たので本気で貰いに行き、頂いちゃいました!!ありがとうございます。

Dsc02128

南風が吹き、気温は下がり、寒い寒いと言いつつ皆笑顔。

全員で記念写真を撮影し、無事終了☆ 関係者の皆様お疲れさまでした。

Dsc02129

アウトドアのイベントの大変さはよ〜〜〜っく心得ております。心よりご苦労様!!良くやった!!!素晴らしい!!という賛辞の言葉を送ります☆


ノブゾウ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

チャリティーフィッシング 絆

4月8日(日)晴天の中、神奈川県三浦半島カヤックフィッシング聖地 和田長浜海岸にてNPOグループBLUE LIFEさん主催の被災地漁協支援、チャリティーフィッシング絆が開催された。

昨年、春先と初夏に城ヶ島と土肥で開催され、土肥で初参加しその意義と心意気にいたく感動し、そのまま西日本へ旅だった思い出深いイベントだ。

久しぶりの長浜、海と空のコンストラスとが美しい。

が、寒い!!桜が咲き出したが気温はほぼ真冬・・・

Img_3555

駐車場正面に本部テントが設営された。

Img_3557


TEAM BANZZYのバンジーさんと田吾作さん☆

Dsc02105

チーム喜び組の組長とトシさん、湘南浮遊団の面々。


Dsc02107

赤澤さんから釣行範囲の説明が行われ、詳しいという理由で一言お願いしますと無茶振り(笑)

Img_3559


Img_3563

前回同様、ガツガツせずゆるーい感じが溜まらない。愛知の蒲郡から遠路参戦してくれた増谷君☆
ラプターカヤックのニューモデル12fを持って来てくれた。(画像無し)


Dsc02109

本日は完成したK.F GOLUGOのデビューである。


P1010258


P1010259

プロトタイプより短くなりバットも強くしてもらった、特筆すべきエンドグリップの交換が出来るのでシーバスやエギングはもとより、本格的なライトジギングにも対応している。

今まで使っていたプロトタイプから導き出したリクエストを全て反映してもらっているので間違いないロッドが完成した。楽しみだ☆


P1010257

静岡から参戦してくれたGさん、前回の真鯛釣行でもお世話になった。ありがとう。


P1010261

偶然撮れた一枚を掲載。キレイです。


Img_3564


そんな訳で、ガッツリ釣って地元漁協に魚を買ってもらい、支援金にするという大きな目的を遂行すべく出撃☆

P1010262


P1010263

出撃してすぐに北の風が強く、寒いことに驚く。

水深30m付近から真鯛&根魚狙いがスタート!! 


P1010265

 一つテンヤ、インチクとの使い分け。

P1010267


つづきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

カメラが!!!

特に気がつかなかったが、少し望遠気味で撮影すると、画面右端に影が映り込む。

最初は海水が付着したものかと思っていたが、拭いても映り込むので、内部のホコリと判明。

昨年、保証期限内に修理に出したので、安心していたのだが、その時に入り込んだのか、その後の釣行で入り込んだのかは不明。

が、昨年夏の吉野川下りでレンズ内に水滴が付いて以来で一度修理だしているので不具合はオカシイ。

広角具合と手振れ補正の良さで気に入っていたのだが、有償での修理で金額が高く付く場合は買換えも検討しなくてはイケナイ。

先日の釣行で、同じ距離で撮影した写真を見て、自分のカメラよりGさんが撮影してくれた画像の方が断然キレイだったので驚いた。

取りあえずカバーを外して様子をみたが、塩の固まりが至る所に付着していた・・・・

Img_3553

うーむ、酷い。 釣行の度に水洗いするがダメなようだ。

もっとカバー自体に防水性を持たせてくれると良いのだが・・・・

このルミックスシリーズはすでにFT-4まで来ている、二世代も前のモデルになってしまった・・・

ニコンから発売されたクールピクスも気になる、マイクがフロントに付いてるので声を拾いやすいのかな?と思うがどうだろう?

当分買える身分では無いが、量販店を覗いて比べる程度ならバチは当たらんだろう。

うう、ここまで道具に不可がかかるスポーツって他にあるのかな??

困ったものだ。

のぶぞう


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

改めて再考 真鯛釣り

お疲れさまです。

前回、ご同行してくれたGさんから素敵な写真を頂きました。

ありがとうございます!!

3

二匹目の写真はあまり撮らなかったので、この写真はありがたいです。

9

さて、今回のノッコミ狙いの真鯛釣り、釣果は出たとはいえ、改めて検証しないと今後に繋がらない。

水深25mからスタートして、実際に釣れたのは水深41.7mだった。しかもタナは水深25m前後だと思われる。 

インチクで丁寧に底を攻めるもアタリは無く、テンヤでの海老での反応も明確なアタリは無かった。

モゾモゾとした感はあったので、色々な誘いを入れた。底から少し早巻してジギングのような動きをさせたら中層でコツンとアタリがあり、乗った。 

ロッドがカワハギロッドということもあり、バシバシと弾かれた時には、フックが外れないかとドキドキした。この辺のヤリトリは動画に納めてあるので、編集次第アップしたい。

改めてロッドの重要性を再認識した、専用ロッドならもっと安心してヤリトリが出来たかも知れない、が、細かいモソモソっとした反応は感じなかったかもしれない。

当初、ビシ釣りも考えていたが、見合うロッドが無かったので諦めていた。

実際にやっていたら、面白い結果が出たかも知れない。

4年前に釣った時はビシ釣りをしつつ、インチクを落として釣り上げた。

コマセで魚を寄せ、インチクで釣るという合わせ技を使った。

今だに答えは無いが、なんとな〜く分かったきた気がする。

忘れない内に再挑戦したいが、風が止まない。

のぶぞう


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »