« 怒濤の富山浮き  | トップページ | 念願の駿河湾横断!! »

2011年7月 2日 (土)

新潟から南下 八ヶ岳〜静岡へ

フラフラと車線をはみ出しながら走る事1時間、さすがに身の危険を覚え、サービスエリアに寄り10分仮眠をする。

顔を洗い歯を磨き30分走り集合場所へ。

現地に到着すると、ゴリ君はすでに出艇しているらしく姿が無い。

到着した旨を伝える電話を入れると一旦上がって来てくれた。

待ち合せして一緒に出るのは五年前の南伊豆以来、まさか遠くは慣れた日本海で一緒に浮かぶとは、感慨深げである。

今回のポイントは7月、8月と海水浴場シーズンはカヤック禁止との事、管理人さんから場所が特定出来る写真は載せないで欲しいと言われてるので写真の点数が少ない。

理由を尋ねると、以前、大物を釣った人が場所を特定出来る写真をネットにアップし、大勢の釣り師が大挙して押し寄せ、ゴミを捨てる、夜間に騒ぐ等の問題が起きたので困っているとの事、

う〜〜ん、カヤックフィッシングでも同じような事例が報告されているので、心境は微妙だ。

出来る限り出艇出来るポイントを共有したいと思っていたが、なかなか難しい。

ともあれ、いつ睡魔に襲われ海上爆睡して、北朝鮮へ流されるとも限らないので、ちゃちゃっと準備して、朝一勝負に出る。

ゴリ君もこのポイントには不慣れということで、浅いポイントで根魚をチェックして沖へ向かうことにした。

漕ぎ出して、風元を見ると山の頂上に黒い雲がかかり、海側に流れてきそうであった。

雨だけなら問題無いが、突然の突風と雷は怖い。しばし浅いポイントで様子を見ることにした。

P1030766

浅いポイントでインチクを投入すると、毎回、20cm前後のカサゴが掛かる。小気味よいヒキで楽しい。唐揚げにしても美味しいが、もっと大きくなって遊んでねとリリース!!


P1030767

気のいいカサゴ君達をいぢめて人間不信にするのは忍びないので、少し沖へ向かう。


山の雲が海に出ると細かく崩れるようで、海まで雨雲が来ないと判断。

ゴリ君の愛艇は旧型ターポン160i。

船形はまるでツーリングカヤックのように鋭く、直進性高くスピードが早い反面、安定性は少々悪く、初心者には少し修練が居る艇である。

P1030770

元カヌー部の彼には問題無いが、それでも振り返って魚をクーラーに入れる動作を嫌い、クーラーボックスを足元にセットしていた(笑)

フラッグは海谷一郎一派を象徴するパンティーフラッグである。

P1030769
漁師さんの船の動きを見ながら、邪魔にならない方向へ漕ぎ進む。

時折コチラに向けて走ってくるのでドキっとするが、必ず途中で方向を変えてくれる。

わざと近くを走り、波を立ててひっくり返すような蛮行に慣れていた自分には、もの凄く親切な行為に感じた(笑)

 
P1030772

が、肝心の魚のアタリは無く、魚探にも反応が無い。


P1030779


真鯛か青物狙いだったが、当てが外れた・・・・

二時間程沖で粘るもギブアップ!!最初にやっていた浅いポイントでキジハタを狙う。

P1030774

一旦車に戻り、タックルをエギングタックルに変更し、知人が制作してくれたスプーンカブラをキャスト。着底手前で軽くシェイクを入れ引っ張る。

ぐぐぐっと強く竿がしなり、弱めに設定したドラグが鳴る。

ドラグを締めながら、小気味良いヒキを楽しむ。

上がって来たのは相変わらずのカサゴ君。

P1030775

お手製スプーンカブラの威力は凄く、二投に一匹の割合でヒットが続く

少し風が出て来たのでカヤックが流され出す、そろそろ撤収かなと考えていると、強いヒキでヒット!!グイグイと竿を曲げる小気味の良いヒキを堪能。

水面に現れたのはキジハタ!! やったー!!二匹目だ〜!!!

P1030776_2

俄然テンションが上がるも、後が続かない。

風は更に強くなり、昼前に撤収。


P1030789

結局、キジハタ一匹のみだったが、楽しい釣りだった。


P1030787

撤収し長野市へ戻るゴリ君の後を着いて行く。

再び、身の危険を感じる程の睡魔に襲われ、道の駅に避難(笑)

いくら丼ミニラーメンセットを食べ、温泉に入り一時間程仮眠!!!


Img_1769

佐渡島遠征でお馴染みの直江津を通り長野県内へ。

Dsc01557

長野に入っても気温が高い・・・・市内へ向かうゴリ君と途中で別れ、志賀高原へ行くか市内へ向かうか上田に行くか迷う。

八ヶ岳ウインドスター代表タカさんに電話を入れると、明日の昼を一緒に食べようと言う事になったので、上田方面へ進路を向ける。

長野市内の幹線道路は帰宅渋滞していた、丸亀製麺があったので、軽くうどんを啜り、隣のベイシアにあった床屋さんで散髪。

八ヶ岳方面を目指して出発するも、疲れと睡魔に襲われ上田市を過ぎたあたりの道の駅にて就寝。

夜中にトラックが真横に付け、一晩中エンジンを掛けてやがった!!ちなみにその場所はトラックの駐車場所では無いのだ。


Dsc01560

ふふふ、運送会社を晒してやる!!

Dsc01562

一路八ヶ岳方面へ向かう。


Dsc01559

途中の道の駅、雷電くるみの里にてブログをアップする。

雷鳥かと思いきや雷電である、雷電とはなんぞや?と思ったら昔の名力士「雷電」にちなんだ道の駅で生誕がこの周辺らしい。

店内には雷電グッズが多数展示してあった。


Img_1770

屋根のついたテーブルと椅子があったのでパソコンを打ち始める。

現場作業のおっさんが近寄って来て、すぐ横の日陰で寝始めた。

時間は7時半、8時作業開始までの仮眠であろうと思った。作業に集中してると隣から豪快な鼾が聞こえてくる。

ウルサいな〜と思いつつ時計を見ると8時半!!!仕事はいいのか??!!と思いつつも作業を続ける。

高原の抜ける朝の風が気持ちいい。

時折、止まる鼾に笑いを堪えながら作業終了。9時半であった。

おっさん!!仕事はいいのか????と思いつつ、ツイキャスで生放送してやった!!

二時間掛けて小淵沢に到着。

ナビに住所を入力していたが、全然違う場所に案内された(怒)iPhoneのグーグルマップで確認すると2km近く離れた場所であった。地図が古いとはいえ離れ過ぎだ!!!アフォナビめ!!!

八ヶ岳遊び倶楽部の事務所は待ち合せ専用のお洒落な感じの建物。


Dsc01574

そこから移動し、美味しいランチの食べれる地元民愛用の食堂へ移動。


Img_1773

採れたてキャベツの千切りの美味さ!!(お変わり自由)

みそ汁、ご飯の美味さ!!

ミックスフライの美味さ!!!

さすが、地元の人御用達のお店である、隠れた名店というのは何処にでもあるのだな。

Img_1775


すっかりご馳走になってしまった。ありがとうございます!!

店舗に移動し、色々と話をする。

Dsc01573

夏の海上は暑い!!!こんな時期は山上湖でノンビリ漂うのも悪く無いな。

Dsc01571

湖などの出艇には、結構制限がある。

どの湖にも貸しボート屋さんがあり、持ち込みのカヤックを歓迎してくれないのが現状。

一部、カヤックをレンタルしてくれるボート屋さんもあるらしいのだが、釣り用のアングラータイプは少ないと言う。

何処かアングラーカヤックをレンタルするボート屋さんが出来て、大盛況にでもなれば、周りの見る目も変わるだろう。

解決する問題も多いと思うが、内水面でも自由にカヤックが出来る日はそう遠く無いかも知れない。

Dsc01572

しばし雑談後、近所の清里駅周辺がゴーストタウン化していると聞き、見に行く事に。

今晩中に静岡へ行くので世話になる友人宅へのお土産として、採れたて野菜を買う。


Img_1777

高原レタス、採れたてキャベツを買おうと販売所へ寄る。

採れたてと唱っているキャベツ、レタスは形は悪く、お世辞にも美味そうと言えない(笑)

人の良さそうなおぢさんが、ブロッコリー、トマトなどをサービスしてくれ、150円にして袋は一杯になった(爆)

Img_1776

道中、トマトを齧ったがシンプルで懐かし味がした。

Dsc01575

清里駅まで八ヶ岳のジグザグ道を走る。

清里駅周辺に到着すると一等地の建物には貸店舗の看板が。 

あれだけ軒を並べていたタレントショプは殆ど無くなっていた、勿論若者の姿など無い。

一時期は山の原宿と言われるほど、若い人達が大挙して押し寄せてた面影は無く・・・

あの頃の熱気を知ってる者からすれば、ゴーストタウンのようであった。

走り慣れた52号を走り静岡へ


Dsc01576

知人宅で美味しい家庭料理をご馳走になり、布団で就寝。


Dsc01577

昔馴染みの友達の整備工場(TAC-IN)へスパイクを持ち込み、整備点検をしてもらう。

Img_1778_2

凄腕整備士の知人はその昔カナダのバンクーバーで整備士をしていた。
同じ整備工場で働いてメンバーには、かの湘南の風のリーダーも居たらしい。

あっと言う間にチェックをし、ベルト、プラグなどを外す、パーツを注文し届く間に○○車の車高調整をし、エアコンの効かないアメ車をチェックしたりしていた。整備中もヒッキリ無しに携帯が鳴り、同業者からの整備方法の問い合わせなどに答えていた。

昔から腕が良いと評判だったが、ここまでテキパキ働く姿は感動である。

Img_1779

世話になりっぱなしで申し訳が立たないのであまり顔が出せないのが正直な気持ちだ。


Img_1781

パーツ代と申し訳程度の整備料しか徴収してくれない、

旅の身としては大変有り難いが、足を向けて眠れないのである。

静岡近辺の方、車の事なら是非TAC-INへ (宣伝しか出来ないな〜)

静岡県静岡市駿河区東新田1丁目8 ガレージ・タック・イン
054-257-2040

ぐぐっても出て来ないよぉ〜!!凄腕なのに(泣)


T02200165_0640048011260385320

お昼過ぎに快適になったスパイクで用宗海岸へ


Img_1782

あまりの暑さにマクドナルドへ避難(爆)

ブログをアップし明日へ備える。

明日は???? 身体が少し重いので困る。

のぶぞう


|

« 怒濤の富山浮き  | トップページ | 念願の駿河湾横断!! »

カヤックフィッシング」カテゴリの記事

コメント

おつかれさです!相も変わらず良い旅ですね!食は健康の源!体を壊さず今後も良い旅を続けてください!(とりあえず、トラックの看板がウチでなくってよかった・・Yo!)

投稿: tosi1219 | 2011年7月 3日 (日) 07時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459342/40643568

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟から南下 八ヶ岳〜静岡へ:

» 熱中症の対策 熱中症の予防と症状 [熱中症の対策 熱中症の予防と症状]
熱中症について解説されたサイトです。 [続きを読む]

受信: 2011年7月 2日 (土) 21時18分

» 「のぶぞうのカヤック大冒険」・・・さよなら日本海編! [☆エンちゃんと愉快な仲間達☆]
次なる目的地へ向かうのぶぞうさんが最後に選んだ出艇場所は新潟!さぁ~期待の釣果はいかに! [続きを読む]

受信: 2011年7月 3日 (日) 00時05分

« 怒濤の富山浮き  | トップページ | 念願の駿河湾横断!! »