« 只今北上中 能登半島にて | トップページ | 新潟から南下 八ヶ岳〜静岡へ »

2011年7月 1日 (金)

怒濤の富山浮き 

宿泊したポイントはカップルの夜景ポイントらしく、寝ている側に車を停め、愛の言葉を囁いているらしい。

こちらも負け時と車の中で腹筋、腕立て伏せなどをして、ギシギシと車を揺らし、傍目からはカー○ックスしてるように見せる。

規定回数をこなすと、車を揺らす事も出来ないので、助手席に置いてある相棒(ジャンベ)を叩いた。窓を閉めているので、暗闇に薄ら響く太鼓の音は怖いと見え、カップル達は退散していった(ごめんなさい)

4時に起床、風も無く穏やかだ、そそくさと準備をし、5時前に出艇。


P1030716


P1030718

少し漕いで振り返ると、トラックにカヤックを積んだ人が同じポイントから出艇しようとしていた。
ローカルの人も出す場所なので少しホッとした。海上で挨拶するか、陸に上がってから挨拶しよう。


さて、流石ブリのメッカであるポイントである、定置網が多く作業船も多い。

また怒られると嫌なので、作業ポイントや航路から離れる。沖へ沖へと漕ぎ進むと2km近くで水深100mになってしまった。


P1030722

ベイトの反応も無ければ鳥山も無い、勿論ジグにも反応無し。

インチクで丁寧に底を探るもアタリ無し。


P1030727_2

う〜〜ん、もっと反応があってもいいんだけどな〜

漕ぎ出したローカルの人はドンドンと沖へ行ってしまった。


ソロで初のポイントでアタリが無い時ほど寂しものは無い。試行錯誤しようにも情報が無いので辛抱強く続けるしか無い。

黒い雲が山から下りて来て、ポツポツと雨を降らせる。


P1030728

何もアタリが無いまま五時間近く粘る。

途中何度も記憶が飛ぶ(笑)

太陽が出て、真夏のような照り返しとなったのと、かなり疲れたので撤収。

艇や道具を洗い、乾かして居る間にジャンベを叩いていると、ローカルの人が上がって来た。

X−13フル装備の方に挨拶をすると、地元サーフショップでカヤックフィッシングを昨年から始めたスタイルのK店長と判明!!

そのまま一緒に店に連れて行ってもらう。

濡れた道具もドンドン積み込める軽トラ最高だな(笑)

Dsc01501

30分程走ると、目の前がテトラに囲まれている穏やかな海岸が広がる店舗に到着。

サーフ&ウインド スタイル

〒933-0101
富山県高岡市伏木国分1-1-48
Tel 0766-45-1233 fax 050-1366-5355


Dsc01507_2


Dsc01508

駅から近いし、穏やかな海が目の前という好立地!!今後は試乗会や体験会などをやっていきたいそうで色々と話をする、こと試乗会と体験会に関してはアドバイス出来る事が多いので役に立てて嬉しい。

富山に地にカヤックフィッシングが根付くのも近いっすね、元々ウインドサーフィンをサーフィンがメインだったとの事で、近隣ポイントの風情報波情報はバッチリ詳しいし、土地に関しての情報も沢山あるから、近隣でカヤックフィッシングをやる人は是非覗いてみて下さい!!冷やかしオッケーだそうです!!

Dsc01516

Dsc01519

記念にステッカーを頂く、カヤックにバッチリ貼りますよ!!!

Dsc01518


富山では結局釣れなかったが、スタイルさんにお邪魔出来たので大満足!!待ち合せの新潟へ出発!!
途中の道の駅にて白エビ天ぷら蕎麦を食べ、メールとブログをチェックしてると、富山のルアーメーカータップクラフトのMさんから書き込みがあった。

あ、連絡しようかなと思ってたんですが、さすがに急なのでと思い躊躇してました。

連絡を入れると、三時から新作ジグのテストがあるので、一緒にどうか?とのお誘い。

船での太刀魚釣りだ!!!!うお〜!!!

「行きます!!行きます!!!」と返事をしご自宅へ向かう。

昨年の横浜赤煉瓦で行われたルアー展以来である。

待ち合せ場所にズーマーで現れたMさん、開口一番「このまま釣らずに富山から帰らせません!!!」と力強い言葉を頂く(笑)

夕方まで太刀魚釣りをして、夜はモンスターキジハタを釣りに行くそうだ。ね・・・寝れませんね(爆)

Dsc01520

挨拶もそこそこに、タックルを積み、マリーナへ。

Dsc01521

ぎゃ〜すげぇ〜色んなメーカーのステッカーが貼ってある〜

早速新作のジグを確認する船長とMさん


Dsc01523

初の船からの太刀魚釣り!!以前、濱ちゃんから太刀魚はゲーム性が高くて絶対ハマるよ!!と言われた事が有る。

本格的な海釣りのスタートは用宗港での太刀魚釣りだった。寒い真冬に毎日通った事を思い出す。

カヤックから偶然釣った事はあるが、船からは初だ。前回の釣りでは最高6本半の大物も釣れたらしい。楽しみだ。

30分程走りポイントに到着、ソナーを打つと群れが逃げるらしく、アンカリングして止めての釣りを開始。

Dsc01525

新しく開発したジグは太刀魚用ジグでフォールの際、左右にスライドして落ちて行くように加工がしてある、昨晩から突貫で作ったというがすでに何種類かのカラーが用意してあった。


Dsc01526

まずはピンクをチョイス。

Dsc01527_2

船長の指示ダナをシャクル。

Dsc01536

時折群れが来るが、あっという間に散ってしまう。

早速Mさんにヒット!!!


Dsc01538


Dsc01540

さすがである、その後もパターンを見つけ数を伸ばす。

船長もエサ釣りでバンバン釣る。

「今だよ〜〜!!!釣れるよ〜!!!!」と声を掛けてくれるも当たらない・・・・

釣れないのは自分と同船したYさんのみ・・・

Dsc01548


雲が切れ、立山連峰が姿を現す、美しい!!

Dsc01542

にしても、ブリ、真鯛、キジハタ、太刀魚、その他色んな魚が釣れる富山湾って凄いな!!ホタルイカのシーズンはキャストで大真鯛が釣れるらしい(爆)豊穣の海や〜!!

と思いつつも竿は曲がらない(泣く)

次々とヒットするMさんと船長(哀泣)

なぜ、ここまで差がでるのか??群は時折表層を泳ぐらしく、キャストして水深5m前後を横に引っ張る。陽が沈みかける

Dsc01546

と、念願の一匹がヒット!! サイズは三本半???ちっさ!!

Dsc01550

ま、これでボーズでは無いので良しとする。

暗くなるまで続け、ほぼラストでYさんにもヒットし無事終了。


Dsc01553


Dsc01555


マリーナに戻ると陽はとっぷり暮れていた。

Mさん宅にて、洒落にならない程美味しいパスタや最高に美味しい太刀魚の刺身、塩焼きを頂く!!!

一服を入れて、禁断のキジハタ釣りへゴー!!!!

富山では知る人ぞ知る爆釣ルアーStandingSquidでキジハタを狙う!!

P1030737

吹く風が気持ちよく、ノンビリと話をしながらキャストを繰り返す。

ルアーは沢山あるから、ガンガンやって下さい!!!なんて贅沢な釣りだろう・・・用意してくれてるStandingSquidはプロトタイプとは言え、一時期ネットで高値で販売された実績があるルアーである。

着底し少し放置、テンションを掛けてチョンチョンと誘いを入れる。

引ったくるアタリがあり、合わせる!! 凄いヒキだ!!!

そのままラインを出され、慌ててドラグを締めるも激しい左右への頭振りに痛恨のバラし!!!

ぐやじいいいいいいい〜!!!

釣り始めて二時間程して待望のヒット!!!強烈なヒキを楽しんでいると根に潜られてしまった。

慌てて反対側へ走りなんとかゲッツ!!!


キジハタか?と思いきやでっぷり太った25cmオーバーのメバル。


P1030739

この辺ではアベレージサイズとのこと。デカ過ぎです!!

その後、表層でのメバルパターンと判明し、ミノーに変更、立て続けに釣り上げある。


P1030749

いや〜楽しい!!!!根魚パワー強烈です!!!タックル一式持ってますが、殆ど使ってません、これからは狙いますよ〜!!

30cm近い4匹をお土産にして撤収、時計を見れば深夜二時!!!!


P1030750

朝5時からどんだけ釣りしてんねん!!!と関西弁で突っ込みを入れる。

ともあれ、富山の釣りの奥深さに驚くと共に感動!!

凄い土地だ。また遊びに来よう!!!

次はモンスターキジハタかブリだな(爆)

スタイルさん、タップクラフトさんありがとうございました。

特にMさんにはお世話になりました。帽子ありがとうございます、旅の合間の相棒とさせて頂きます。

さてさて、北陸を抜け上越へ

ゴリ君との待ち合せ場所まで高速で一時間弱、寝ないで向かう事となった。

つづく

|

« 只今北上中 能登半島にて | トップページ | 新潟から南下 八ヶ岳〜静岡へ »

カヤックフィッシング」カテゴリの記事

コメント

人との縁がすばらしいですね。

それにしても富山湾すげーなー。

投稿: sirosix | 2011年7月 1日 (金) 09時28分

こんにちは~。地震の事があったので勝手に心配していましたが、順調で何よりです。(ホっ)
引き続き全国釣り行脚頑張ってください。(笑)

投稿: 響奏 | 2011年7月 1日 (金) 12時12分

スタイル店長のクーニーです。

久し振りに行ったポイントで、のぶぞうさんと出会うとは、偶然ってすごいですね。

店では、カヤックフィッシングの色んな事が聞けて、大変参考になりました。

ブログに店の紹介までしてもらって、ありがとう御座います。

今度富山に寄られた時は、一緒に爆釣出来れば良いですね。

それまで、腕を磨いておかないと・・・
(先日と同じポイントで今日もバラシて凹んでます)


それでは御体に気を付けて、ブログ楽しみにしています。

投稿: クーニー | 2011年7月 1日 (金) 20時14分

sirosixさん

ホントに人の縁で楽しい旅になってます。感謝感謝です。

富山湾のポテンシャルの高さは凄いです。

響奏さん

心配して頂き、ありがとうございます。
松本で地震があったのは知りませんでした。来週にはレインボーさんとBCCさんに寄るつもりです。

クーニーさん

お疲れ様でした。次回お会いする時は大モノ釣った画を撮りましょう。
富山湾での、フラッグシップになって下さい。

投稿: のぶぞう | 2011年7月 1日 (金) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459342/40624432

この記事へのトラックバック一覧です: 怒濤の富山浮き :

» 「のぶぞうのカヤック大冒険」・・・富山を釣り倒す!! [☆エンちゃんと愉快な仲間達☆]
富山の海はブリが爆釣・・・ [続きを読む]

受信: 2011年7月 2日 (土) 00時09分

« 只今北上中 能登半島にて | トップページ | 新潟から南下 八ヶ岳〜静岡へ »