« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月29日 (金)

迷走続く

M君の持って来たファルコン、試乗するつもりだったが、風波が収まるのを待っていたら、時間切れになってしまった。

1311939361098.jpg

また軽いカヤックが増えた、選択枠が増えることは素晴らしい。

1311939374200.jpg


1311939377735.jpg


1311939380581.jpg

失礼とは思いつつ、乗らずに撤収。ごめんなさい。

インプレッションはカヤック55ブログからどうぞ。
カヤック55ブログ

1311939388816.jpg

長浜を後にして、茅ヶ崎サザンビーチサーフハウスさんへ乗り込む。

サザンビーチの横という好立地ですが、この時期は駐車場料金が二千円掛かってしまう。

終日使うならまだしも、小一時間足らずに払う金額じゃないなーと店舗前のガストに突入。

休憩入りのマスターと合流し、話し込む。


1311939392868.jpg

マスターもバスキチガイなので、海ちゃんとバストークで盛り上がる。


1311939396021.jpg

バスは苦手なので、トークについていけないが、関西方面に行くなら絶対やるべきだと強くアドバイスを頂くcrying

マスターに元気をもらい、厚木のえんちゃん宅へ向かう、来るならウナギを釣ってこいとの指令が入ったので、上州屋さんに寄り、ウナギ鈎とミミズを買い相模川へ行く。


1311939399247.jpg


1311939401449.jpg


1311939403789.jpg

三時間ほど、ボケーっと竿先を眺めたが釣れず。
途中、軽いアタリはあったが、後で聞いたらハゼとのこと。

期待のウナギを釣れなかったので、ケンタッキーで誤魔化す。

予想以上に喜んでくれたので、良かったが、気持ちは微妙。

食後にワークショップをして、倒れるように寝た。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年7月27日 (水)

うっとおしいですか?

はい、昨日ブログアップが少ないとのご指摘を受け、iPhoneから旅の経過報告をさせて貰ってます。

ま、空いた時間にチョコチョコ書くので、あまり感情的にもならず、淡々と事象を書き込んでますが。


う っとおしくないですか?

こんな、ダラダラと人の動きを読んでもシャーないと思うので、心の動き、魂の叫びを書き込むようにします。
1311741883881.jpg
だぁー、こんなショボいランチセットはアカん‼

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風剛、波隆

さて、チャーリー宅に移動しウダウダする。

1311724877699.jpg

海外のフリースタイル系の動画を見たりしていると、外が明るくなってきた。用事があると言うのでチャーリーに起こされクラブハウスに行く。

風強く、波高い

朝から釣りに行くという話だったが、やはり無理だったようだ。

カヤックが積みっぱなしになっている。

1311724890308.jpg

全く起きる様子が無いが、試乗会はいかに⁇

1311724893279.jpg

マスちゃんが起きた、スタッフが起きてきた。

1311724895733.jpg

1311724898030.jpg

ワンちゃん達も本日は海に出れず


1311724900440.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉のカヤックフィッシング聖地

木更津駅で待ち合わせ、千葉のカヤックフィッシング聖地FUNさんへイチローと乗り込む。
1311694191096.jpg

あ、隣にラーメン屋さんが出来てる。
艇庫には、ピンクのプロフィッシュ45がある。

1311694203944.jpg

1311694207419.jpg


店内は熱帯雨林展示のドンキホーテのようです。

1311694211817.jpg


1311694217322.jpg


マスターは人柄が良い釣り魔人。


1311694221424.jpg

おお、リトルプレゼンツの新型PFDが展示してあります。いい感じです〜ね。

1311694225325.jpg

色々なお話をしていると、一人中年漂流記さんが来店。


1311694228901.jpg

そのまま、長浜に行き増谷君と合流

1311694232158.jpg


1311694236440.jpg


遅くなり、サウスウインドスタッフと合流。

1311694239694.jpg

明日の試乗会は風が心配ですが、決行のようです〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

木更津への道中

中華街での昼メシは台湾どんぶり500円

1311663496083.jpg

1311663508479.jpg

この豚バラのプルプル感はヤバいです。スープ、杏仁豆腐のセットで800円

1311663512060.jpg

お土産の缶バッジは
1311663515416.jpg


横浜駅東口バスターミナルから木更津駅まで、湾岸線からアクアラインを走り一時間。
1311663517515.jpg

東京湾は大荒れです〜


1311663702340.jpg


袖ヶ浦バスターミナルまでは、40分早いな〜
1311663532397.jpg

木更津駅でイチローと待ち合わせFUNさんへ乗り込む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

只今、中華街にて

昨日は静岡からハイウェイバスで横浜まで移動し、サウスウインドにて、打合せ。
1311653678602.jpg


海にゃんと合流し中華街の馬さんの店で飲茶を堪能

1311653685335.jpg

そのまま中華街のローズホテルに泊まり

1311653686818.jpg

朝飯に肉まんを買い、久々の山下公園で食べ

1311653688798.jpg

近くのスタバにて、今に到る。

1311653689921.jpg

これから、バスで木更津に行き、FUNさんへ遊びに行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年7月23日 (土)

オーストラリアンカヌーDEカヤックフィッシング 動画

先日、バイキングカヤックスタッフと一緒に行ったカヤックフィッシングの模様を動画に編集しました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年7月20日 (水)

カヤックフィッシング記事!! プロフィッシュ45でガツン!!

台風が過ぎるまで奈良に滞在しております、のぶぞうです!!

吉野に来る前に、凄腕KFA 「はじけよう」さんとお茶をし、遅くまで盛上がりました!!
飽くなきカヤックフィッシングへの情熱の凄さに圧倒されました。やはり釣ってナンボです!!

一緒に浮きたかったのですが、先に約束があったので吉野へやってきました。

連休をフリースタイルカヤックに乗り吉野川を下るという新しい体験を満喫し、極上の住まいを提供してもらい、今後過酷な車上生活に戻れるか心配です・・・(苦笑)

さて、少し時間を戻し地元静岡でのカヤックフィッシングの記事を書きます。

ポイント近くの駐車場で待ち合せをし、陽が登らない前に到着。
バイキングカヤック代表のGrahmさんとスタッフのAlexさんHamaさんとお客様が二名。

サーフポイントで有名な場所でもあるので、波が少し高い。

P1030977

バリバリのサーファーでもあるHamaさんは躊躇無く準備をしお客様と海へ突撃。

しばし考え、帰着のリスクを少なくしたいとの事で、三人は別なポイントへ移動することに


P1030981

今回使用する艇には魚探の振動子用のホールがあるのだが、元々ハミングバード用仕様になっているのでホンデックスの振動子を取り付けるには長めの「配線とかをまとめるコード」(名前が出て来ない!!)が良いそうだ。

http://youtu.be/Qw9xjYtfXig

P1030978


P1030979


しっかり固定が出来た、元々魚探用の場所があるのであとは魚探を置くだけ。


Alexは色んな道具をハッチにぶち込む、ルアー以外にも日本のカッタクリなども用意してあった。

リアハッチに道具を積むと、道具が必要な際、振り向かなくてはイケナイ、この動作の時グラッと揺れる時があり、結構怖い。

実際、後ろのクーラーに魚を入れようとして振り返り、横波を喰らいひっくり返った人も居る。


P1030987


P1030988

ハッチカバーの上にロッドホルダーと魚探を装備している。ハッチカバーの真ん中には、まな板が装着していて、初めて見た時には驚いたけど便利そうだな〜と関心したのを憶えている。

P1030985

少し波はあるが、ほぼ無風、暑くなりそうだ。

ニモに乗る社長!!

P1030989_2

前日、別なポイントにて試乗しているのでプロフィッシュの特性は理解している。後ろに張り出したキールのお陰で簡単に真っすぐ漕げるのがポイント。意外と小さな波も切り裂くので楽だ。乗り味はX−13に似てるかな、もっと安定させた感じだけど。


P1030994


P1030995


ここは、ウインドサーフィンのメッカでもある、風が強く潮も早い。出る際には細心の注意が必要だが、この日はベタ凪ぎ状態。

P1040010

岩礁帯の浅いポイントが長い、岸を右手にアレックスと漕ぎ進む。


P1040002

アレックスと英語で喋れるのが嬉しい。彼の地元オーストラリのKF事情、ニュージーランドのKF事情、向こうの雑誌にKFの記事を投稿していたことなど、色々な情報を教えてもらう。

日本でガンガン釣りに行きたいのだが、生産の方が忙しくあまり釣りに行けてないのが近況らしい。

大きなイワシの群が居るポイントで釣り開始。魚探にはベイトを追いかける青物の反応は無い。

P1040005

取りあえず、ジグを落としシャクルも反応は無い。

青物が回遊している様子も無いので真鯛狙いに変更、インチクを落とす。

水深30m付近で引ったくるようなアタリがあり、まあまあのカサゴがヒット!!

P1040012

チャリティーフィッシングから釣果が似通ってるな〜などと苦笑いしながら、センターハッチに入れる。バケツを忘れたのでサンダルで海水すくい入れる。

カサゴ団地なのか、立て続けにカサゴがヒット!!

アレックスにもヒットしたので動画を撮影、竿がシナッテル!!!

しばしヤリトリの後、海面に姿を現した魚を見て、「 Camera Off !!」と静かに言う。

????なんだろと思っていると、ウツボだったので、海面でバラしたとの事(笑)
(後で動画差し込みます)


小さいアタリで見事キャッチしたのはベラの仲間?び・・・微妙。


P1040017_2

バラマンディや色んな大型の魚を釣り上げた男に日本の海は優しく無いようです・・・

ポイントの移動を繰り返す。ベイトの群が少なくなり、暑さが激しさを増す。

急に思い立ち、足をセンターハッチに突っ込むと涼しい事に気がつく。

P1040018


カサゴを追加し、移動しようと早めに巻き上げると大きなアタリがゴツン!!

巻けない程ではないが、結構重い。が真鯛のようなヒキも無いし、青物のように走る訳でもない・・・

ん〜?どっかで味わったような〜と考えていると海面に現れた。

あああ!!マゴチだ〜!!ナイスサイズ!!

P1040024_2

P1040031


おお、なんとかそれなりのサイズが釣れたので満足!!


横向きでも安定して釣りが出来る!!などとアピール画像!!

P1040027

9時を過ぎると風が出始めた。

P1040030

いい紹介動画も撮影出来たので満足だ!!

少し向かい風の中、岸に向けて漕ぐ、斜め前から風を受けてもあまりブれないので楽だ。

P1040033

P1040037


先に上がってた社長と合流。

P1040040_2

釣り談義を始める二人(笑)

この辺は世界共通!!

P1040043

センターハッチの容量は大きく、60cmクラスなら入る事を確認。
今後メインで使う事になるので、センターハッチをクーラーボックス化出来るように改造をするつもりだ。

P1040038


P1040051


別なポイントからKFを終えてやってきたHAMAちゃん等と合流。

あちらでは、ショゴが結構釣れたとの事、悔しい〜!!

P1040044

一緒に出たGさんとワーナーのカリスタの軽さに驚愕(笑)

P1040061

フィッシュプロ45はフェニックス130と比べると重いのでINNOさんのカヤックリフターが活躍する!!


まずは、下に置き先端を引っ掛ける。


P1040054_2


P1040055

次に後部へ行き、持ち上げる。


P1040056

そのまま、パッド部分を滑らせるように斜めに押し込む。


P1040057_2

フルで持ち上げるより力が少なくて済むので有り難い。

が、横のスペースを使うので、海水浴シーズンでは駐車場が一杯になる前に積むか、皆が帰ってから積むか、場所を少し移動して積むか、出艇前に考えておくと良いと思う。

一旦店に戻り、ジャンベセッションをして解散!!


P1040065

暑いながらも楽しいカヤックフィッシングでした!!

皆様お疲れさまでした!!

新しい相棒に乾杯!!


P1040048

のぶぞう

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年7月19日 (火)

吉野川下り

台風の影響で、川が濁り増水、こりゃ無理だな~と筋肉痛の身体を持て余しながら窓の外を見る。

けーふぁく隊長も、横で寝ている。

家主のYさんがニコニコ顏で愛娘Rちゃんと参上。

あ、これは決行なんだ、しかもコンディションは良いんだ、と理解するのに時間は掛からなかった。


1311001973212.jpg

日本でトップクラスの方も同行してくれることとなり、心強いが二日目である。

1311001994971.jpg

こんな、可愛い子が行くのに弱音は吐けないcrying

昨日とは全然違う川面を漕ぎ進む、昨日張り切り過ぎて全身筋肉痛なので、ロールの練習もせず、流れに突入。意外にいけるなーと油断して沈、急流で上手く起こせず、三度トライして諦め脱出。たまたま鼻栓をしてたのと水を飲まなかったので即復活。

隊長がニコニコしながら、動画に収めましたと言っていたcryingああ、恥ずかしい。

その後、何でも無いポイントで沈、最後の上陸ポイント手前でも撃沈。

最後の沈では、何とかロールを決めて復活、が二度失敗して三度目で起き上がるというヒヤヒヤもの。

都合2時間程のツーリングを楽しみました。

上陸ポイントにて、崖を上がる途中で足を滑らせ落下。結構な高さから落下したが、大きな怪我は無かったのが幸いだが、心が少し折れた。
1311002009147.jpg


上級者の人達はポイントを移動し、色んなムーブを楽しんでいた、じ、次元が違う(´Д` )

久しぶりに何も出来ない初心者感覚を味わいました、シーカヤックの技術は別物です。

アメリカのカヤックフィッシングのDVDで主人公がホワイトウォーターでひっくり返り、死にそうになった時の気分が良く判りました。

あと、某メーカーの社長さんや、営業マンさんなどがリバーカヤックの世界ではスーパーマンだったと改めて実感しました。


1311002027278.jpg

誘ってくれた隊長、道具一式と泊まる宿まで用意してくれ、色々案内してくれたYさんに感謝です。

吉野の里は素敵です。

身体がバリバリ言ってます、久々の超筋肉痛です。

台風が直撃しそうなんで、暫く大人しくしてます。

駿河湾と遠州灘の境でのカヤックフィッシングの記事を早くUPします~。

昨日の激ウマ鳥焼きの画です

1311002039338.jpg

1311002055955.jpg

1311002059611.jpg


のぶぞう

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年7月16日 (土)

久々のインプレ

KF探検隊らしい久々のカヤックフィッシング関連のアップです!!!

バイキングカヤックさんの造語、オーストラリアンカヌーのインプレです!!

P1030937


P1030976

カヤック55のホエールさん、BANZYさん、他トップKFアングラーさんが乗っているプロフィッシュ45は今更インプレか?と思うかも知れませんが、実は初試乗だったりします(笑)


P1030960

今回試乗した場所は静岡県相良町の海岸です。テトラポットが埋設してあるので波も無く穏やかでキレイな海岸です。

P1030941

P1030916

ニモかと思ったのですが、プロトタイプのカヤックのスティングレーです。


P1030911


P1030913

サイドにハンドルが付いてないのですが、ロープが両サイドの通ってるのでそれを持って引き上げます。

持った感じはミニXやノマド等のカヤックに似ています。

乗り出しの安定感は抜群なのは言うまでもないのですが、その直進性の高さに驚きました。

漕いだ推進力が左右に逃げずに直線に繋がります、キールラインがボディよりも長めに作ってあるようで、このサイズに有りがちなフロントが左右にロールする感じが全く有りません。

パドリングが未熟な初心者には有り難い直進性っす。


P1030926

足元も余裕があります、ボディの両サイドはフラットになっているので、ロッドホルダーなどの艤装が
し易いのもポイントが高いです。

P1030922

リア部分に荷室が無いのですが、中途半端な荷室にクーラーボックスを斜めに取り付ける事を考えると、フラットのまま積み、バンド等で落ちないように工夫した方が便利かも。っす。

P1030934

暑い日でしたが、海の上は風が気持ちよく、このままうたた寝をしてしまいました。

P1030931

小さいながらも直進性が高く軽いので行けるポイントが多いなあ〜というのが正直な感想っす。
ちなみにスタッフのHさんはニモをメイン艇としていて、静岡エリアは問題無くアプローチしているそうです。

コレと言って不満は無かったのですが、唯一気になったのが、足元に水が溜まり易いことでしょうか?
夏場の今なら気になりませんが、寒い時期だと足元がかなり冷えそうです。

スカッパーホールが足と股の間の高い部分にあるので、一旦波を被ったりすると、少し海水が溜まり、汲み出す必要があるかな。と


この辺は聞いてみないとイケナイっすね。


P1030937_2


P1030938

さて、続いてはカヤックフィッシング専用艇プロフィッシュ45のインプレです。
実際に御前崎からカヤックフィッシングをし、ガッツリ釣ったのでお楽しみに!!

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月14日 (木)

旅の経緯、ご報告!!

カヤックという言葉が世の中に浸透していると思っていたが違っていた。

親戚のおぢさん、おばさんなどに「カヤックの仕事をしている」と言ってもピンとこない。

「カヌーですよ、カヌー!!」と言い直し、やっと理解してもらう事が多々あった。

んで、バイキングカヤックさんでは、馴染みの薄いシットオントップ!!とかカヤックという一般の言い方を止め、オーストラリアンカヌーという造語を作った。

確かにカヤックの語源はエスキモーの言葉で一般に言われる中に入るリジット艇を差すのだ。
だから、中に入らず上に乗るシットオントップはカヌーと言っても問題無い。クレバーだな〜と感心した。

旅の途中で挨拶に寄った店舗には社長のグレアムさんは居なかった(チェンソーで暴れてた人)

代わりに店番してたのは、全国をサーフトリップした経験を持つ、焼津生まれ焼津育ちのHさんだった。
これから旅する自分としては大先輩である。

似た土地で育ち、似たような行動を取るので匂いは同じ。即、意気が合ったのは言うまでもない。

また、改めて遊びに来ます!!と言い旅を続けた。

翌日、奥様からとても熱烈な電話を頂いた、有り難かった。

旅が西から北陸に移動したので、八ヶ岳に寄り、静岡を通過途中で再びバイキングさんに寄った。

社長のグレアムさんと色んな話をした。日本語はペラペラ、9年程在住した経験を持ち、剣道○段!!奥様ともども、久しぶりに来日し、あまりに元気の無い日本に驚いたという。

海外に行くと、改めて日本のポテンシャルの高さを再認識するが、肝心の本人達が自信を無くし将来に不安を持ち、元気をなくしている。

もっと自然と遊び、元気を取り戻そう!!これだけ優しい自然に囲まれている日本という国は素晴らしい!!

おっしゃる通りです、グウの音も出ない(笑)

お互いに出来る事を協力しましょう!!という話をして旅を続けた。

豊橋で財布を落とし、横浜に一旦戻る事となったので、カヤックフィッシングミーティング2011の打ち合わせをしに、えんちゃんと共にサウスウインドに行った。

打ち合わせ終了後、一応こんなお話を頂いておりますと報告、社長に やればいいじゃない!!と暖かい言葉を頂き、元気勇気百倍!!ありがとうございます。

静岡での講演会に参加した翌日、バイキングカヤックさんに報告。今に至ります!!

出たとこ勝負!!最後の切り札は○○と決めていたので、ある程度の道筋が立って来たので嬉しく思います。

旅は続けますが、旅の共が変わります!!

元々フリープラン!!出たとこ勝負だったので、お許し下さい。

のぶぞう


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年7月12日 (火)

スーパーポジティブ!!

ある日、この旅には選択肢の一つとして死ぬ事もあるのだよ!!と軽く言い放った時。

スーパーポジティブの、のぶぞうさんが・・・と言われてビックリしました。

俺ってスーパーポジティブって見られてるんだ〜正直嬉しかったけど???と思ったので

改めて自分のブログを見たり、日常の言動を考えたりしました。

あはは、明るい事ばっか言って、書いてますね!!


輝く未来!!楽しきかな人生!!!って感じっす。

でも、正直に書きますが・・・これ


裏側なんです!! 

実は、ネガティブ思考にならないように、無理矢理引っ張っていた感じなんですね。

だって、ダウン思考になったら立ち直れない恐怖があるんです。

カッコいい事言ったって、4○歳でホームレスですよ〜!!

車上生活者・・・笑えませんって(泣)

感情が全てをコントロールしているという事に気づかせてもらい、今現在の行動が両親への反発だということが良く分かりました。

いい会社に入り、安定した収入を得て、家を建て、家族に囲まれて過ごす。

ごく当たり前の価値観に反発しましたね。(どんだけ反抗期やねん!!)

だって、言ってる人達が安定してない仕事をし、家のローンに愚痴り、家族の気持ちがバラバラでしたから(笑)

あ、しまった!!攻めている感じになってしまった。


ともあれ、好きな事をやり、好きな場所に住み、好きなモノが買え、好きな人たちに囲まれて暮らす。

という課題は、ほぼ真逆だった家族の感情の裏返しだったと気がつきました。

高らかに「旅をする!!」と鼻息も荒く宣言しましたが

もう少し肩の力を抜いて生きてもいいんだよ〜という気分になりました

ありがとうございます!!


あ、ちなみに今現在、御前崎の図書館にて記事を書いてます。

本日はバイキングさんのシングル艇、スティングレーとプロフィッシュのインプレしてきました。

漕ぎ出して気づいたのですが、近所に親戚が住んでいて、小学校の頃、何度か来て大ファンになったビーチでした。

漕ぎ終わった後は、懐かしくて海に飛び込んで笑いました。

帰り支度をしていると、母親そっくりのおばさんが近くの畑で野菜を収穫してました。間違いなく親戚のおばさんで、親戚内ではダメ男として名を馳せ、会えば必ず説教タイムに突入するので、さり気なく隠れました(爆)


明日はバイキングカヤックのスタッフと遠州灘でのカヤックフィッシングに出ます!!!

スタッフのアレックスはニュージーランドの雑誌にカヤックフィッシングの記事を投稿していて、彼のKFに対する哲学は今現在の日本のそれよりも数年先を行ってる気がしました。

代表であるグレアムさんのカヤック及び、カヤックフィッシングに対する哲学も、自分の考えてた事より数年先を見据え、かつ行動に移しています。

最近好きな言葉、ジャズピアニストの上原ひろみさんが言った言葉。

「迷ったら勝負にならない!!」

世界では、迷い無く勝負に出て来る人達ばかりなので、迷ってたら勝つどころか勝負にならないそうです。

迷わず勝負に来てる人達、迷走してる旅人、どんな化学反応が起きるのか楽しみです。

今後も旅を続ける予定ですが、平行してCO WORKING、お金の事、感情の事、セルフイメージなどのシェアワーキングをしていこうと思ってます。

リアル ノマドワーカー のぶぞう


P1030934

PS

たまたま静波でKFしていたreoさんが立ち寄ってくれました。感謝感謝!!冷んやりジェルシートのお陰で生きてます!!!


Img_1861


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年7月11日 (月)

三たび静岡に

先週の日曜日は駿河湾を漕いでいた。

予定では、奈良で川下り、三重でKF、もしくは福井リベンジしているハズだった・・・・

財布を無くし、身分証明の発行やらなんやらかんやらで二日過ぎ、たまたま静岡で影響を受けた作家さんの講演会があるので参加することになった。

下道で御殿場に行き、翌日は富士に向かって合掌!!

Img_1846

蒼い空は夏の空!!御殿場は涼しく快適な土地です(笑)

プレミアムアウトレットモールが出来たので、関東圏のそれなりの購買層が大勢遊びに来るようになった。

行政と民間が一体となり、取り込み作戦を展開してれば、かなり面白い商業都市となっていたと思われる、パッと見てそれらしい手だてを打ってないようなので残念だ。

自衛隊の基地の脇を走り、富士山麓を抜け芝川へ。

折角なので白糸の滝を見に行く。
Img_1847
見たものを黙らせる力がある滝だ!!
滝のすぐ横に昭和の匂いがプンプンのお土産物屋さんがある、レトロ感たっぷりでいいのだが、時代錯誤だと思う(笑)


Img_1849

自分なら建物は撤去し、オープンデッキのスペースを作り海外の遊歩道を参考にし、自然にローインパクトな遊歩道の整備、滝の水を濾過してお茶や水だしコーヒーやお菓子、アイスなどを作り販売、ウェブカメラでの中継、エコツアーなどを展開する。

とても素敵な場所だけど、地元ベッタリの時代遅れの商業姿勢は残念だ・・・
(余計なお世話ですが(笑))


Img_1850

そのまま、田舎道を走り出すと、満面の用水路とその先に朝日瀧という小さな看板が目に入った。

寄り道ばかりの旅なので、当然のように寄り道!!

細い道を降りて行くと、小さな駐車場スペースとトイレがある、小さな公園を歩き進むと目の前に
小さいながらもとても立派な滝があった。

Img_1851


Img_1852

とても風情のある良い場所である!!ここには庵のようなお茶屋さんがあると良いね〜などと盛上がる(笑)

公園の途中で小滝を発見!!手入れがあまり行き届いて無いので木や草に覆われ、鬱蒼としているのが残念だが、立派な可愛い滝だった!!

Img_1854

山道を抜け、富士川上流の芝川に到着。

富士宮やきそばの看板に吸い寄せられ立ち寄る

その麺の歯ごたえは一度食べると病み付きになる食感!!もっとファンが増えてもいいもんだが・・・
今年のKFMでも作ろう!!

やきそば定食680円也

Img_1855

富士川のSAからETCを使い東名に乗り静岡へ。

静岡駅前のホテルへ到着すると開演30分前だった。

Img_1857

以前行く予定だったワタミ社長とのコラボ講演会は、震災翌々日だったのでキャンセルとなってしまった経緯がある。

Img_1858


静岡での初講演。

財布を無くしたお陰で来れた。不思議な縁だと思う(笑)

沢山の面白い話を聞けた、相方と駅で別れ再び藤の花湯に漬かり、用宗海岸へ移動。

風も無く蒸し暑い。冷んやりジェルマットでなんとか寝入るも暑さで目覚める。

西へ移動し、吉田のマクドにてブログをアップ!!

か・・・・カヤックフィッシングしてねええええ〜事に気づく(爆)

のぶぞう


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年7月 9日 (土)

またまた逆走〜横浜へ

弱いくせに調子に乗って呑んでしまった翌日。

少し痛い頭を抱え、うすらぼんやり浜松から浜名湖へ移動。

何もやる気が起きない最悪の状態。午前中は殆ど何も出来ず、浜名湖を後にし豊橋方面へ。

夕方に以前お世話になった人と会う約束をしていたので、道中の温泉に漬かる。

サウナに入り、水風呂に入りを繰り返すと少し身体は楽になったが、頭は更にボーッとなった。

そのまま、さらに西へ移動し、マクドナルドに入ろうと財布を探す。

・・・・・・・・・・・・ん・・・・・・・・・無い・・・・・・・・

温泉には持って行った、が、持って出た記憶が無い。

慌てて車の中を大捜索!!!大概黒い財布が黒い車内で見つけづらくなっているのが通常パターン。

一時間程捜し回るも無さげ...

温泉に電話を掛け、落ちてなかったか聞いてみる。

見当たらないとの回答、あれば取っておくとの事。

仕方なしに豊橋東警察署に電話を入れ、届けられてないか問い合わせるも無いという。

この段階で、身体のだるさも合わせ史上最高に凹む。

先が思いやられる・・・

食事をする約束していた人の予定が変わり、次回と持ち越しになったのだが、現金が無いと不便だろうと貸してくれた。

車内を探すと、普段使ってなかったクレジットカードが出て来たので助かった。

翌日の名古屋入りの為、どっかのビジネスホテルへ行こうかと迷う。

ツイッターで近況を報告を入れたので、皆から心配の呟きを貰うも返事する余裕が無い。

蒲郡のM君から連絡があり、よかったら緊急避難してくれとの申し出があったので、遠慮なくお邪魔をする。

精神的疲労と寝不足の為、倒れるようにして寝てしまう。

主は夜半から日本海へ行ってしまったので、鍵を掛けて一旦名古屋へ向かう。

コ・ワーキングオフィス MY CAFEさんに行き、ご挨拶。

かつての職場の本社に挨拶に行き近況報告。

知人とお茶をして近況報告。

夕方前に静岡へ向け出発。

赤城SAでブログを書き出す、あっという間に10時過ぎになり力尽き、就寝。

6時に身体の痛さに目覚める。

エアークッションの空気が抜け床の間に寝てる状態になっていた。

岡崎まで下道、岡崎から浜松まで東名高速。

浜松からバイパスで静岡を目指すも、掛川でダウン!!

三時間休憩して出発。

静岡の銀行でカードの再発行処理。

そのまま、コジマへ寄り、由比で冷凍桜エビを買い、厚木のえんちゃん宅へ。

一晩明け、運転免許試験場にて免許の再交付、区役所での処理、サウスウインドにてKFM2011の打ち合わせをし、アウトドアワールドに寄り、帰宅し今に至る。

なんとか必要書類が揃いそうなので、再出発である!!

大変面倒な作業だったが、打ち合わせが出来た事と、新しいプロジェクトが進みそうなので、関東には呼ばれるべくして呼ばれたと納得!!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2011年7月 6日 (水)

念願の駿河湾横断!!

チームシーチキンことK兄弟とのコラボ漕ぎである。

極M兄弟の誘いなので、それなりにハードだと予想できるので、テンションは↓目、前日用事が早めに片付いたので少し時間を持て余す。

それにしても、地元というのは良くも悪くも知り合いばかりで、若かりし頃を知っている人達からすれば、相変わらず好き勝手にヘラヘラ生活していると思われているようで、チリチリと自尊心が痛む(笑)

仮に地元に戻り、そんな中に長く暮らしていると、周りの思惑通りの人間になりそうで怖い(爆)

話が脱線した。


21時頃に三保海岸近くのドラッグストアに寄り、朝食と海上用の飲み物、食料を買う。

直後現地入りするも、BBQをやっている輩や音楽をガンガン掛けている連中がいて、とても眠れる状況じゃないので退散する。

少し離れた場所に駐車し就寝場所をセットアップするが、風が吹かない場所なのか室内の温度は30℃を上回り、とても眠れそうにない、仮に眠れたとしても熱中症に掛かる恐れもある。

仕方が無いのでエアコンを掛けて3時間程寝る。

まだ暗い三時過ぎに公園のトイレで用を足し、扉を開けるとジジイが立っていた!!!
思わず「うおおっ!!」と悲鳴をあげてしまう。

「すみません!!」と言いながら脇をすり抜け、出したてホヤホヤの匂いの残る個室にジジイは消えた。

実体があったかどうかは確認していない。

小さなボートの釣り師が多いこの三保。

○ンコをしようと船外にケツを突き出し、転落して溺死したジジイの魂で無い事を祈るのみである。

ともあれ目が冴えた(爆)

4時過ぎにシーチキンブラザースが到着、ツイッターで遊びに来てくれると言っていたreo909さんが陣中見舞いを持って参上してくれた。

P1030792

寝苦しいとの悲鳴に最高の差し入れ、冷んやりジェルマット!!

P1030790

体力勝負には欠かせない栄養ドリンク!!


P1030791

一緒にどうですか?と聞いたのですが、午後から仕事とのことで陣中見舞いのみとの事。
お休みが月曜日なので、月曜日休みの静岡近隣の方ツイッターに呟いて下さい。

普段のフィッシングより備品点数が少ないので準備が早い。

仕様艇はノーライトデザインのチニータとシュマール、昔シジマールというGKがエスパルスに居たな〜などと思い出す。

長距離ツーリングを主戦場とするシュマールを借り受けたので旅は安泰だ。初シュマールなのでインプレも出来るので嬉しい。

P1030795

別な場所でカヤックの試乗をさせるというtukasa君はここでお別れ。

P1030796

そそくさと乗り出し、堤防の横を漕ぎ抜けると幾つもナブラが立っていた。

一応ロッドを一本持っていたので釣りを開始しても良いのだが、スタートして10分で止まるのも癪である。

風も波も無く、限りなく湖のように穏やかな駿河湾。


P1030797


P1030798


P1030800

愛艇チニータとkazu君


P1030802

今回は二人ともナビを持参、デッキコンパスも装備してるし、iPhone、ギャラクシー、iPod touch、普通の携帯まであるので安心である。

万全を期して望んでいるが、海は湖よりも穏やかで静かである・・・・

極Mのkazu君からすれば、山あり谷ありビックリ横断が楽しいらしく不満げである(笑)

ツイキャスによる生放送を試みるも、誰も見てくれていない。

穏やかなので終止会話をしながら漕ぐ。

P1030806

10km程進んだポイントに鳥山が立ち、何かが捕食しているようである。慌ててジグを落とす!!
水深はおおよそ1000m近いので着底は無理なのでライン一杯まで出して巻き上げる。


P1030811

一度のシャクリで腕が疲れる・・・

二度目のシャクリで何かやり遂げた気になり納竿・・・


P1030814

ま、伊豆半島側になれば大物がヒットするでしょう!!と根拠の無い言葉を掛け合い先を進む。

P1030815


ほんとーに穏やかで、ブログのネタにしてもいいもんか?と思ってしまう程。

P1030820

陽の光がチリチリと肌を焼き始めると、船内は蒸し風呂状態になる。


定期的にスプレースカートを外し換気。

P1030821

山も無く、谷も無く、イベントらしいイベントも無く、伊豆半島が近づく。

P1030823

次第に対岸の輪郭が見えるようになってくると、イベントが発生!!

P1030827

なんと、土肥だと思っていた場所が実は戸田村だったと判明、船首を右へ45度変更(笑)

自分のナビの表示と若干ズレてたのですが、ホスト役のKazu君に任せてました(爆)


P1030829

次第に町が大きくなる。

P1030837

漕ぎ距離が少し伸びて航行距離は29.5km、時間は5時間半。


P1030841

カヤックをドーリーに固定し、シャワーを浴び、服を着替え、コンビニへ。


P1030844

アイスで身体と頭を冷やし休憩。

P1030846

フェリー乗り場へ移動しフェーリを待つ。

P1030851


P1030852


P1030853


P1030867

チケットを買い、ベンチにて仮眠。


P1030874

手荷物扱いでフェリーに載せ、エアコンの効いた船内で1時間。


P1030881


P1030883


P1030882

あっと言う間に三保に到着!!


P1030896

お迎えの車にカヤックを積み込み、スタート地点へ移動!!


P1030903


P1030904

記念撮影をして解散!!

P1030905


P1030907


kazu君お疲れさまでした!!! 冒険とはほど遠いノンビリツーリングでしたけど、一応横断なので自慢出来ます(爆)tukasa君のバックアップのお陰で楽に移動が出来ました。reoさんの差し入れのお陰で漕ぎ抜けました!!

感謝感謝であります!!

さて、その日はさすがに疲れ果てたので実家に身を寄せ、翌日にはバイキングカヤックさんにご挨拶。
美味しいランチをご馳走になり、話は盛り上がりに盛り上がり、浜松へ移動。

飲食店を始めた友達と飲み歩き、夜明け前に軽く寝て浜名湖へ移動。 

フラフラしながら豊橋の温泉に入り、ぼけーっとしてながら西尾へ移動。

マクドナルドへ入ろうとすると財布が無い事に気づく、慌てて車内を捜索、無い事を確認して温泉に電話を入れ探してもらう。

やはり見当たらないとのことなので、警察へ紛失届けの電話を入れる。

届いてないようなので、クレジットカード類の停止を掛ける。

自身のミスとはいえ凹む。

現金はそんなに入っていなかったが、各種カード類や身分を証明するものなどが多いので困る。

少し途方に暮れてると、知人友人が助けてくれ、一段落。

名古屋での用事を片付け、一路、静岡横浜へ逆走することとなった。

西は遠い・・・・・


のぶぞう

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2011年7月 2日 (土)

新潟から南下 八ヶ岳〜静岡へ

フラフラと車線をはみ出しながら走る事1時間、さすがに身の危険を覚え、サービスエリアに寄り10分仮眠をする。

顔を洗い歯を磨き30分走り集合場所へ。

現地に到着すると、ゴリ君はすでに出艇しているらしく姿が無い。

到着した旨を伝える電話を入れると一旦上がって来てくれた。

待ち合せして一緒に出るのは五年前の南伊豆以来、まさか遠くは慣れた日本海で一緒に浮かぶとは、感慨深げである。

今回のポイントは7月、8月と海水浴場シーズンはカヤック禁止との事、管理人さんから場所が特定出来る写真は載せないで欲しいと言われてるので写真の点数が少ない。

理由を尋ねると、以前、大物を釣った人が場所を特定出来る写真をネットにアップし、大勢の釣り師が大挙して押し寄せ、ゴミを捨てる、夜間に騒ぐ等の問題が起きたので困っているとの事、

う〜〜ん、カヤックフィッシングでも同じような事例が報告されているので、心境は微妙だ。

出来る限り出艇出来るポイントを共有したいと思っていたが、なかなか難しい。

ともあれ、いつ睡魔に襲われ海上爆睡して、北朝鮮へ流されるとも限らないので、ちゃちゃっと準備して、朝一勝負に出る。

ゴリ君もこのポイントには不慣れということで、浅いポイントで根魚をチェックして沖へ向かうことにした。

漕ぎ出して、風元を見ると山の頂上に黒い雲がかかり、海側に流れてきそうであった。

雨だけなら問題無いが、突然の突風と雷は怖い。しばし浅いポイントで様子を見ることにした。

P1030766

浅いポイントでインチクを投入すると、毎回、20cm前後のカサゴが掛かる。小気味よいヒキで楽しい。唐揚げにしても美味しいが、もっと大きくなって遊んでねとリリース!!


P1030767

気のいいカサゴ君達をいぢめて人間不信にするのは忍びないので、少し沖へ向かう。


山の雲が海に出ると細かく崩れるようで、海まで雨雲が来ないと判断。

ゴリ君の愛艇は旧型ターポン160i。

船形はまるでツーリングカヤックのように鋭く、直進性高くスピードが早い反面、安定性は少々悪く、初心者には少し修練が居る艇である。

P1030770

元カヌー部の彼には問題無いが、それでも振り返って魚をクーラーに入れる動作を嫌い、クーラーボックスを足元にセットしていた(笑)

フラッグは海谷一郎一派を象徴するパンティーフラッグである。

P1030769
漁師さんの船の動きを見ながら、邪魔にならない方向へ漕ぎ進む。

時折コチラに向けて走ってくるのでドキっとするが、必ず途中で方向を変えてくれる。

わざと近くを走り、波を立ててひっくり返すような蛮行に慣れていた自分には、もの凄く親切な行為に感じた(笑)

 
P1030772

が、肝心の魚のアタリは無く、魚探にも反応が無い。


P1030779


真鯛か青物狙いだったが、当てが外れた・・・・

二時間程沖で粘るもギブアップ!!最初にやっていた浅いポイントでキジハタを狙う。

P1030774

一旦車に戻り、タックルをエギングタックルに変更し、知人が制作してくれたスプーンカブラをキャスト。着底手前で軽くシェイクを入れ引っ張る。

ぐぐぐっと強く竿がしなり、弱めに設定したドラグが鳴る。

ドラグを締めながら、小気味良いヒキを楽しむ。

上がって来たのは相変わらずのカサゴ君。

P1030775

お手製スプーンカブラの威力は凄く、二投に一匹の割合でヒットが続く

少し風が出て来たのでカヤックが流され出す、そろそろ撤収かなと考えていると、強いヒキでヒット!!グイグイと竿を曲げる小気味の良いヒキを堪能。

水面に現れたのはキジハタ!! やったー!!二匹目だ〜!!!

P1030776_2

俄然テンションが上がるも、後が続かない。

風は更に強くなり、昼前に撤収。


P1030789

結局、キジハタ一匹のみだったが、楽しい釣りだった。


P1030787

撤収し長野市へ戻るゴリ君の後を着いて行く。

再び、身の危険を感じる程の睡魔に襲われ、道の駅に避難(笑)

いくら丼ミニラーメンセットを食べ、温泉に入り一時間程仮眠!!!


Img_1769

佐渡島遠征でお馴染みの直江津を通り長野県内へ。

Dsc01557

長野に入っても気温が高い・・・・市内へ向かうゴリ君と途中で別れ、志賀高原へ行くか市内へ向かうか上田に行くか迷う。

八ヶ岳ウインドスター代表タカさんに電話を入れると、明日の昼を一緒に食べようと言う事になったので、上田方面へ進路を向ける。

長野市内の幹線道路は帰宅渋滞していた、丸亀製麺があったので、軽くうどんを啜り、隣のベイシアにあった床屋さんで散髪。

八ヶ岳方面を目指して出発するも、疲れと睡魔に襲われ上田市を過ぎたあたりの道の駅にて就寝。

夜中にトラックが真横に付け、一晩中エンジンを掛けてやがった!!ちなみにその場所はトラックの駐車場所では無いのだ。


Dsc01560

ふふふ、運送会社を晒してやる!!

Dsc01562

一路八ヶ岳方面へ向かう。


Dsc01559

途中の道の駅、雷電くるみの里にてブログをアップする。

雷鳥かと思いきや雷電である、雷電とはなんぞや?と思ったら昔の名力士「雷電」にちなんだ道の駅で生誕がこの周辺らしい。

店内には雷電グッズが多数展示してあった。


Img_1770

屋根のついたテーブルと椅子があったのでパソコンを打ち始める。

現場作業のおっさんが近寄って来て、すぐ横の日陰で寝始めた。

時間は7時半、8時作業開始までの仮眠であろうと思った。作業に集中してると隣から豪快な鼾が聞こえてくる。

ウルサいな〜と思いつつ時計を見ると8時半!!!仕事はいいのか??!!と思いつつも作業を続ける。

高原の抜ける朝の風が気持ちいい。

時折、止まる鼾に笑いを堪えながら作業終了。9時半であった。

おっさん!!仕事はいいのか????と思いつつ、ツイキャスで生放送してやった!!

二時間掛けて小淵沢に到着。

ナビに住所を入力していたが、全然違う場所に案内された(怒)iPhoneのグーグルマップで確認すると2km近く離れた場所であった。地図が古いとはいえ離れ過ぎだ!!!アフォナビめ!!!

八ヶ岳遊び倶楽部の事務所は待ち合せ専用のお洒落な感じの建物。


Dsc01574

そこから移動し、美味しいランチの食べれる地元民愛用の食堂へ移動。


Img_1773

採れたてキャベツの千切りの美味さ!!(お変わり自由)

みそ汁、ご飯の美味さ!!

ミックスフライの美味さ!!!

さすが、地元の人御用達のお店である、隠れた名店というのは何処にでもあるのだな。

Img_1775


すっかりご馳走になってしまった。ありがとうございます!!

店舗に移動し、色々と話をする。

Dsc01573

夏の海上は暑い!!!こんな時期は山上湖でノンビリ漂うのも悪く無いな。

Dsc01571

湖などの出艇には、結構制限がある。

どの湖にも貸しボート屋さんがあり、持ち込みのカヤックを歓迎してくれないのが現状。

一部、カヤックをレンタルしてくれるボート屋さんもあるらしいのだが、釣り用のアングラータイプは少ないと言う。

何処かアングラーカヤックをレンタルするボート屋さんが出来て、大盛況にでもなれば、周りの見る目も変わるだろう。

解決する問題も多いと思うが、内水面でも自由にカヤックが出来る日はそう遠く無いかも知れない。

Dsc01572

しばし雑談後、近所の清里駅周辺がゴーストタウン化していると聞き、見に行く事に。

今晩中に静岡へ行くので世話になる友人宅へのお土産として、採れたて野菜を買う。


Img_1777

高原レタス、採れたてキャベツを買おうと販売所へ寄る。

採れたてと唱っているキャベツ、レタスは形は悪く、お世辞にも美味そうと言えない(笑)

人の良さそうなおぢさんが、ブロッコリー、トマトなどをサービスしてくれ、150円にして袋は一杯になった(爆)

Img_1776

道中、トマトを齧ったがシンプルで懐かし味がした。

Dsc01575

清里駅まで八ヶ岳のジグザグ道を走る。

清里駅周辺に到着すると一等地の建物には貸店舗の看板が。 

あれだけ軒を並べていたタレントショプは殆ど無くなっていた、勿論若者の姿など無い。

一時期は山の原宿と言われるほど、若い人達が大挙して押し寄せてた面影は無く・・・

あの頃の熱気を知ってる者からすれば、ゴーストタウンのようであった。

走り慣れた52号を走り静岡へ


Dsc01576

知人宅で美味しい家庭料理をご馳走になり、布団で就寝。


Dsc01577

昔馴染みの友達の整備工場(TAC-IN)へスパイクを持ち込み、整備点検をしてもらう。

Img_1778_2

凄腕整備士の知人はその昔カナダのバンクーバーで整備士をしていた。
同じ整備工場で働いてメンバーには、かの湘南の風のリーダーも居たらしい。

あっと言う間にチェックをし、ベルト、プラグなどを外す、パーツを注文し届く間に○○車の車高調整をし、エアコンの効かないアメ車をチェックしたりしていた。整備中もヒッキリ無しに携帯が鳴り、同業者からの整備方法の問い合わせなどに答えていた。

昔から腕が良いと評判だったが、ここまでテキパキ働く姿は感動である。

Img_1779

世話になりっぱなしで申し訳が立たないのであまり顔が出せないのが正直な気持ちだ。


Img_1781

パーツ代と申し訳程度の整備料しか徴収してくれない、

旅の身としては大変有り難いが、足を向けて眠れないのである。

静岡近辺の方、車の事なら是非TAC-INへ (宣伝しか出来ないな〜)

静岡県静岡市駿河区東新田1丁目8 ガレージ・タック・イン
054-257-2040

ぐぐっても出て来ないよぉ〜!!凄腕なのに(泣)


T02200165_0640048011260385320

お昼過ぎに快適になったスパイクで用宗海岸へ


Img_1782

あまりの暑さにマクドナルドへ避難(爆)

ブログをアップし明日へ備える。

明日は???? 身体が少し重いので困る。

のぶぞう


| | コメント (1) | トラックバック (2)

2011年7月 1日 (金)

怒濤の富山浮き 

宿泊したポイントはカップルの夜景ポイントらしく、寝ている側に車を停め、愛の言葉を囁いているらしい。

こちらも負け時と車の中で腹筋、腕立て伏せなどをして、ギシギシと車を揺らし、傍目からはカー○ックスしてるように見せる。

規定回数をこなすと、車を揺らす事も出来ないので、助手席に置いてある相棒(ジャンベ)を叩いた。窓を閉めているので、暗闇に薄ら響く太鼓の音は怖いと見え、カップル達は退散していった(ごめんなさい)

4時に起床、風も無く穏やかだ、そそくさと準備をし、5時前に出艇。


P1030716


P1030718

少し漕いで振り返ると、トラックにカヤックを積んだ人が同じポイントから出艇しようとしていた。
ローカルの人も出す場所なので少しホッとした。海上で挨拶するか、陸に上がってから挨拶しよう。


さて、流石ブリのメッカであるポイントである、定置網が多く作業船も多い。

また怒られると嫌なので、作業ポイントや航路から離れる。沖へ沖へと漕ぎ進むと2km近くで水深100mになってしまった。


P1030722

ベイトの反応も無ければ鳥山も無い、勿論ジグにも反応無し。

インチクで丁寧に底を探るもアタリ無し。


P1030727_2

う〜〜ん、もっと反応があってもいいんだけどな〜

漕ぎ出したローカルの人はドンドンと沖へ行ってしまった。


ソロで初のポイントでアタリが無い時ほど寂しものは無い。試行錯誤しようにも情報が無いので辛抱強く続けるしか無い。

黒い雲が山から下りて来て、ポツポツと雨を降らせる。


P1030728

何もアタリが無いまま五時間近く粘る。

途中何度も記憶が飛ぶ(笑)

太陽が出て、真夏のような照り返しとなったのと、かなり疲れたので撤収。

艇や道具を洗い、乾かして居る間にジャンベを叩いていると、ローカルの人が上がって来た。

X−13フル装備の方に挨拶をすると、地元サーフショップでカヤックフィッシングを昨年から始めたスタイルのK店長と判明!!

そのまま一緒に店に連れて行ってもらう。

濡れた道具もドンドン積み込める軽トラ最高だな(笑)

Dsc01501

30分程走ると、目の前がテトラに囲まれている穏やかな海岸が広がる店舗に到着。

サーフ&ウインド スタイル

〒933-0101
富山県高岡市伏木国分1-1-48
Tel 0766-45-1233 fax 050-1366-5355


Dsc01507_2


Dsc01508

駅から近いし、穏やかな海が目の前という好立地!!今後は試乗会や体験会などをやっていきたいそうで色々と話をする、こと試乗会と体験会に関してはアドバイス出来る事が多いので役に立てて嬉しい。

富山に地にカヤックフィッシングが根付くのも近いっすね、元々ウインドサーフィンをサーフィンがメインだったとの事で、近隣ポイントの風情報波情報はバッチリ詳しいし、土地に関しての情報も沢山あるから、近隣でカヤックフィッシングをやる人は是非覗いてみて下さい!!冷やかしオッケーだそうです!!

Dsc01516

Dsc01519

記念にステッカーを頂く、カヤックにバッチリ貼りますよ!!!

Dsc01518


富山では結局釣れなかったが、スタイルさんにお邪魔出来たので大満足!!待ち合せの新潟へ出発!!
途中の道の駅にて白エビ天ぷら蕎麦を食べ、メールとブログをチェックしてると、富山のルアーメーカータップクラフトのMさんから書き込みがあった。

あ、連絡しようかなと思ってたんですが、さすがに急なのでと思い躊躇してました。

連絡を入れると、三時から新作ジグのテストがあるので、一緒にどうか?とのお誘い。

船での太刀魚釣りだ!!!!うお〜!!!

「行きます!!行きます!!!」と返事をしご自宅へ向かう。

昨年の横浜赤煉瓦で行われたルアー展以来である。

待ち合せ場所にズーマーで現れたMさん、開口一番「このまま釣らずに富山から帰らせません!!!」と力強い言葉を頂く(笑)

夕方まで太刀魚釣りをして、夜はモンスターキジハタを釣りに行くそうだ。ね・・・寝れませんね(爆)

Dsc01520

挨拶もそこそこに、タックルを積み、マリーナへ。

Dsc01521

ぎゃ〜すげぇ〜色んなメーカーのステッカーが貼ってある〜

早速新作のジグを確認する船長とMさん


Dsc01523

初の船からの太刀魚釣り!!以前、濱ちゃんから太刀魚はゲーム性が高くて絶対ハマるよ!!と言われた事が有る。

本格的な海釣りのスタートは用宗港での太刀魚釣りだった。寒い真冬に毎日通った事を思い出す。

カヤックから偶然釣った事はあるが、船からは初だ。前回の釣りでは最高6本半の大物も釣れたらしい。楽しみだ。

30分程走りポイントに到着、ソナーを打つと群れが逃げるらしく、アンカリングして止めての釣りを開始。

Dsc01525

新しく開発したジグは太刀魚用ジグでフォールの際、左右にスライドして落ちて行くように加工がしてある、昨晩から突貫で作ったというがすでに何種類かのカラーが用意してあった。


Dsc01526

まずはピンクをチョイス。

Dsc01527_2

船長の指示ダナをシャクル。

Dsc01536

時折群れが来るが、あっという間に散ってしまう。

早速Mさんにヒット!!!


Dsc01538


Dsc01540

さすがである、その後もパターンを見つけ数を伸ばす。

船長もエサ釣りでバンバン釣る。

「今だよ〜〜!!!釣れるよ〜!!!!」と声を掛けてくれるも当たらない・・・・

釣れないのは自分と同船したYさんのみ・・・

Dsc01548


雲が切れ、立山連峰が姿を現す、美しい!!

Dsc01542

にしても、ブリ、真鯛、キジハタ、太刀魚、その他色んな魚が釣れる富山湾って凄いな!!ホタルイカのシーズンはキャストで大真鯛が釣れるらしい(爆)豊穣の海や〜!!

と思いつつも竿は曲がらない(泣く)

次々とヒットするMさんと船長(哀泣)

なぜ、ここまで差がでるのか??群は時折表層を泳ぐらしく、キャストして水深5m前後を横に引っ張る。陽が沈みかける

Dsc01546

と、念願の一匹がヒット!! サイズは三本半???ちっさ!!

Dsc01550

ま、これでボーズでは無いので良しとする。

暗くなるまで続け、ほぼラストでYさんにもヒットし無事終了。


Dsc01553


Dsc01555


マリーナに戻ると陽はとっぷり暮れていた。

Mさん宅にて、洒落にならない程美味しいパスタや最高に美味しい太刀魚の刺身、塩焼きを頂く!!!

一服を入れて、禁断のキジハタ釣りへゴー!!!!

富山では知る人ぞ知る爆釣ルアーStandingSquidでキジハタを狙う!!

P1030737

吹く風が気持ちよく、ノンビリと話をしながらキャストを繰り返す。

ルアーは沢山あるから、ガンガンやって下さい!!!なんて贅沢な釣りだろう・・・用意してくれてるStandingSquidはプロトタイプとは言え、一時期ネットで高値で販売された実績があるルアーである。

着底し少し放置、テンションを掛けてチョンチョンと誘いを入れる。

引ったくるアタリがあり、合わせる!! 凄いヒキだ!!!

そのままラインを出され、慌ててドラグを締めるも激しい左右への頭振りに痛恨のバラし!!!

ぐやじいいいいいいい〜!!!

釣り始めて二時間程して待望のヒット!!!強烈なヒキを楽しんでいると根に潜られてしまった。

慌てて反対側へ走りなんとかゲッツ!!!


キジハタか?と思いきやでっぷり太った25cmオーバーのメバル。


P1030739

この辺ではアベレージサイズとのこと。デカ過ぎです!!

その後、表層でのメバルパターンと判明し、ミノーに変更、立て続けに釣り上げある。


P1030749

いや〜楽しい!!!!根魚パワー強烈です!!!タックル一式持ってますが、殆ど使ってません、これからは狙いますよ〜!!

30cm近い4匹をお土産にして撤収、時計を見れば深夜二時!!!!


P1030750

朝5時からどんだけ釣りしてんねん!!!と関西弁で突っ込みを入れる。

ともあれ、富山の釣りの奥深さに驚くと共に感動!!

凄い土地だ。また遊びに来よう!!!

次はモンスターキジハタかブリだな(爆)

スタイルさん、タップクラフトさんありがとうございました。

特にMさんにはお世話になりました。帽子ありがとうございます、旅の合間の相棒とさせて頂きます。

さてさて、北陸を抜け上越へ

ゴリ君との待ち合せ場所まで高速で一時間弱、寝ないで向かう事となった。

つづく

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »