« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月28日 (火)

只今北上中 能登半島にて

石川県の金沢から走りに走り能登半島へ

半島外側の付け根付近にて海水浴場へ出てみる、看板の案内に従い進んで行くと堤防の切れ目からそのまま海岸へ出た。

関東、太平洋側では珍しい波打ち際を車で走れる海岸だ。

まるでパリダカールラリーの最終ゴール地点のようである。

波打ち際をラリーを走りきったように爆走したかったが、重量オーバーで生活感たっぷりのスパイクでは砂に潜ってしまう恐れがあるので、大人しく入り口から少し入った固い砂地で停車(泣)

Dsc01485


Dsc01487

車から海という理想的で気持ちの良い場所なので、ここで一晩明かし、早朝より出艇しようかと考える。

波打ち際には波が立ち、遠浅の海岸に見えたので海図にて水深をチェック。

Dsc01488

かなり遠浅である程度の深さまでかなり距離が有る事が判明。残念だが先に進む事に。

Dsc01486

能登半島の富山県側、氷見に到着。ブリの水揚げで有名な土地だ。

翌日の出艇ポイントを探すべく北上する。


Dsc01493

片道30km程移動し、良さげな場所をチェックする。

Dsc01490

途中、ナブラを見つけてテンションアップ!!

Dsc01492

情報が殆ど無く、トラブルになるのも嫌なので、何人かに電話を入れ、情報を仕入れる。

自分が良いなと思ってたポイントの情報は聞けなかったが、ゴリ君とは新潟でコラボすることになった(笑)

一旦、市街へ戻り、神経〆用のピアノ線を購入、温泉に漬かり、インチクを作り直す。

折角なのでツイキャスをして情報交換。


三時に起床すると、大雨に風が吹いていた。

予報では終日10m前後の風が吹く。諦めて再び寝た。

次に目覚めると雨は止み、風もあまり吹いていなかった。

慌てて、ポイントへ向かうも、定置網漁の船が出ているので、出艇に躊躇する。

折角なのでそのまま、北上し昨日行けなかったポイントへ行ってみる。

途中で空に黒い雲が掛かり、大粒の雨が降って来た。仕方なく元のポイントへ戻り本を読む。

雨は止み、太陽が出ると蒸し暑い。風は吹き続けている。

取りあえず図書館へ移動し、ブログをアップする。

あ、明日は出れるのか???

のぶぞう

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年6月27日 (月)

移動移動 進路変更 一路北へ

カヤックフィッシングをしない日はもっぱら移動とパソコンをしている。

半日かけて移動し、ブログアップなどをやっていると結構時間が過ぎていたりして驚く。

けーふぁく隊長とのコラボまでの合間、琵琶湖周りを散策していた。


琵琶湖のボートランプにて、公共で登録すれば誰でも使える!!

Img_1664_3

暑い車内でのパソコン作業はキツい(笑)

Img_1665


近江八幡にあるアフリカン楽器屋さん「アースビレッジ」にてジャンベゲッツ。

Img_1668

そのまま、近所の西の湖で久々のブラックバス釣り!!

Img_1676

放置してあったスコーピオンにプロトロッドの組み合わせ。


Img_1674

ホエールさんより託されたBPのルアーで大バスを狙う!!


Img_1675


一時間近く粘るも撃沈!!G君の「キャストが命!!」というアドバイスが頭の中をグルグル回る。

Img_1680


取りあえず、福井方面へ向かう道中、良さげな田んぼの真ん中で初ジャンベ叩き!!

Img_1689


Img_1692

そのすぐ近所にて「水車とカヌーガーデン」なる施設を発見。

Img_1682

閉店後だったので、カヤックの持ち込みが可能かどうかは不明。レンタルの中にカヤックもあるようだ。


Img_1687

そのまま、琵琶湖ほとりの道の駅に泊まり、前日来たボートランプにてブログアップ!!が、書いたブログが消滅するというハプニングに凹む。


Img_1693_3


Img_1696_2

若狭湾での二回目の釣行を終え、どちらに進むか迷う。

Img_1706


取りあえず、近辺でカヤックが出せそうな場所を散策。

風の影響を受けない穏やかで奇麗な湾が沢山ある、貸しボートがある場所ではカヤックもダメらしい。

Dsc01462

看板にはジェットスキー、エンジン付きボート禁止の文字が多い。


Dsc01463


Dsc01465

逆を言えば、カヤックオッケーだと思われる、と言うよりカヤック人口が少ないので対象外なのだ。

Dsc01467

半島をぐるりと周り、水曜日に出たポイントへ顔を出す。

なんと、三名のKFAが丁度片付けをしていた所だった。

Dsc01477

Dsc01470

フェニックス130にX−13にデスペラード!!!

釣果も根魚にレンコ!!


Dsc01468


皆さん、京都、大阪、滋賀と近県からの遠征組。

色々と情報を交換し、せっかくなので今後の行き先を三人のジャンケンで決めてもらう事に。


滋賀県方面、小浜方面、石川方面の三方向!!


Dsc01478

勝ち残ったのは、小浜方面と石川方面!!

Dsc01479

そして勝ったのは北上ルート!!デスペラードの○○さん!!しきりに恐縮してました(笑)

ありがとうございます。


Dsc01481

という訳で、記念撮影をして、北へ旅立つ。


Dsc01483

途中、村営の小さな温泉に入り休憩。


Img_1707

一気に石川金沢まで走り抜け、金沢兼六園観光をし、今に至る。


Img_1716

さて、富山方面へ向かいます!!

足を伸ばし新潟から長野入り、野尻湖でスモールバス釣り、管理釣り場、八ヶ岳のウインドスターさん訪問などを考えてます。 西じゃないなあ〜(笑)

のぶぞう。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2011年6月26日 (日)

東西カヤックフィッシング探検隊 合同演習開催!!

二日間、琵琶湖の周りをウロウロし金曜の夕方待ち合せ場所に到着。

旅の目的の一つ、東西カヤックフィッシング探検隊の初合同演習なのである。

けーふぁく隊長は和田長浜のカヤックフィッシングミーティングに二年連続参加している猛者であり、雑誌カヌーワールドの特集でも取り上げられた関西カヤックフィッシング界を代表する一人である。


けーふぁく隊長の到着予定は9時ということなので、のんびり風呂に漬かり、休憩をし待つ事にした。


Img_1702

9時過ぎに隊長が到着!!その場にてkayak55のUstに参加しプレゼント提供の行方を見守る。

放送終了!!時計を見ると11時40分??!!!

慌ててポイントへ移動し酒盛りを開始!!

隊長持参の美味い日本酒「原酒」を呑む。前回の物よりスッキリして呑み易い。


P1030497

近況を報告し合い、情報を交換し、ホロホロと酔いが回る。

琵琶湖で買ったジャンベを叩くと、鳥が鳴き、鹿が鳴いた(笑)


P1030502

時計を見ると既に2時!!(゚ロ゚屮)屮 4時に目覚ましをセットし床に着く。

ゴソゴソと物音で目が覚める、隊長が愛艇を降ろし準備をしていた。慌てて飛び起き顔を洗い準備に取りかかる。

一時間近くワタワタしながら準備完了。


P1030641

少々波があるが、タイミングさえ間違えなければ問題ない。

出艇して湾を抜けると、壮大な風景に圧倒される!!

ポイントまでエスケープゾーンが無いとは聞いていたが、切り立った岩肌や山の木々が海へ突き刺さっているようだ。

南伊豆の海岸線の風景に似ている。


P1030655


P1030512

先攻する隊長はターポン160である、世界トップクラスのスピードを誇るアングラーカヤックである。遥か昔、ターポン120で離されに離された記憶がある。とにかく遅れないようにいつも以上のペースで漕ぐ。

P1030662_2

1時間近く漕ぎ、4.5キロ程離れたポイントに到着。ハイシーズンにはワラサが入れ食いということなので、ジギングメインで勝負を開始。

P1030660

風も無いが、時折大きなウネリが入る、台風の影響か?

水深30m前後で、暫くシャクリ続けるもアタリは無い、魚探に反応も無いのでインチクへ変更。

P1030664

ジギングとギョギングの二刀流の隊長はチビカサゴを釣りまくっていた。

P1030671_2

フォール、リトリーブと単調な動作は眠くなる。太陽が昇りきるとジリジリと暑い。
あまり暑いので氷水を被る隊長!!

P1030675

遅い朝飯を食べ、沖へ移動するも反応無し。

P1030669_2

気温は30℃を越えていると思われ、逃げ場の無い海上では、ただ耐えるだけしか出来ない。

氷水、冷えピタ、アイス枕、水に浸けると涼しくなるタオル、首筋を守る帽子、日焼け止め等々、真夏対応の準備しなくてはイケナイ、あと涼しい早朝から昼前で止めるのが無難也。

気合いを入れ直し、買ったばかりのDaiwaのパイレーツを投入!!

一投目で根に掛かりロスト!!!凹む。

船上でリーダーを結び直し、他のカラーで続けるもテンションは↓

水曜日に続き、ボーズかあ!!日本海はキツいなあ〜と思いながら釣りを続けるも、風、波とも上がってきた。

出艇ポイントへ戻りながら釣りを続ける


P1030527

半ば諦め状態でインチクを落とす、底付近でゴツンとヒット。二度大きく合わせる。

完全にフッキングしたのを確認して動画撮影開始!!と思いきやバッテリー切れ・・・・
グイグイと引き込む感じは真鯛か?  隊長が近くに来て撮影してくれる。

キジハタだ!!


P1030531

P1030680

記念すべき、初キジハタ!!4回通った佐渡島でも釣った事がなかった。

サイズは40cm近いナイスサイズ!!さすが若狭。

P1030536

同じポイントにて隊長にもヒット!!ヒキが強く走り回る。青物だ!!

P1030681

ツバスか? 

慎重にヤリトリしながら水面に現れた魚体を見て隊長が叫ぶ!!

「アジだ!!」

/>P1030539


40cmクラスのオオアジだ!!ネットインした瞬間にフックが外れたらしい、お見事!!

P1030684

ふう、お互いにお土産が出来た!!少し離れたポイントにて再開。

隊長またもやヒット!!

同じようなヒキでさっきより重いらしい、オオアジだ!!慎重にヤリトリをする。


P1030686

水面で現れた魚体はシーバス!!


P1030689_3

60cmで食べ頃サイズ!!東京湾とは違い、水のキレイな若狭のスズキは美味いらしい。

P1030691

釣れた事で取りあえず格好が着いたので岸を目指す。

風とウネリが強くなり、時折大きな波が追い越して行く。


P1030694

追い風、追い波を受け、出艇ポイントに戻る。最高時速9km


P1030697


P1030698

片付けをしていると、雷が轟き、大粒の雨が降って来た。

釣れたキジハタは35cmと40cm届かず・・・

P1030705

一時間程やり過ごすと雨が止み、真夏のような晴れ間に(笑)

一旦戻り、翌日の対応を協議する事。


Img_1705

昼過ぎに温泉に入り、夕方まで仮眠をする。

海・快晴では昼前から強い風が吹く予想、午後から荒れた感じからすると油断出来ない。
KKFTの他のメンバーがやってくる様子が無いので、ここで解散すること。

楽しい合同演習であった、漕ぎに漕いだ15km!!

つ、疲れた。

さて、次はどこへ行こう!! 

のぶぞう

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年6月24日 (金)

いざ、憧れの日本海!!一度消えたけどね・・・

今日の午前中ふーふー言いながら記事を書いた。

肝心のカヤックフィッシングや今日までのほぼリアルタイムな記事だ。

これで何日かは大丈夫だろう

ポチッと保存ボタンと削除ボタンを押し間違えた・・・凹む

半日程時間を置き、気を取り直し書き直す。以下本文

岡崎で東名を降りて下道を走る、懐かしい名古屋を抜け、銭湯に入り、集合場所の賤ヶ岳SAに到着したのは午前2時過ぎ。そのまま倒れるように眠り目覚ましに起こされると、目の前にレインボーの三人が立っていた。

挨拶をし、顔を洗い出発の準備をする。

気合いが入ってる三人とちょっとボケ気味の自分との温度差が面白い。

中谷さんの車に新しいデスペラードを含む三艇が積載されてる。
P1030601_2

ブログをチェックしてなかったので知らなかったのだが、新しい艇は黒に赤のラインの入ったオリジナルで渋い!!ただ凹凸面の塗装部分が少々ぶれい、悔しがっていた。

にしても、ポリならほぼ無理であろう、ラインが入っているだけでも十分魅力的だと思う。

一路原発の街、敦賀へ

途中、釣具屋さんにて氷を買い、コンビニで食料を調達。

本日のポイント候補が何カ所かあるらしく迷っているようだ

ま、どこでも釣れそうなのでゲストとしては一任である。

現地に到着し、チャリティーフィッシングでゲッツしたYATAフラッグをカインズホームで買った収縮バーに装着。

テッペンにアルミ缶を差し込み完成。視認性バッチリのナイスなフラッグの完成(笑)

P1030603_2


P1030606_2

中谷さんのデスペの写真がこちら。

P1030605_2

赤のラインに沿って白のカッティングシートで筆記体のステッカーを作り貼付ければとてもお洒落な感じにもなるし、ガンダム系のステッカーを貼れば、ヲタ仕様も簡単に出来そうで怖い(爆)


P1030604_2

テキパキと準備をし、出艇!!


P1030608_2

風が少々沖に向かい吹いている、GPSで見る所、時速2.6kmで沖に流されているようだ。
パラアンカーを投入し、半減させる。

P1030610_2


水深20mからジギングを開始、30分シャクリ続けるも、アタリは無く、魚探にも反応が出ない。
30mラインからインチクに切り替え、丁寧に攻める。

P1030611

アタリはおろか、魚探に反応も無いまま、二時間ほどが経過、さすがに焦りだし、思い切って岬の先まで行くか迷う。取りあえず少し西へ移動しようと漕ぎ出す。

P1030613_2


港から物凄いスピードで船がこちらに近づいてくる。

航路かなと思い少し移動するも、こちらに向けて走ってくる、明らかにこちらに向かってくるのが分かったので、漕ぐのを止めて様子を伺い待つ。

船の前に警戒中という旗を立てていたので原発関係の警戒船かと思ったが、操船してる人を見たら、タオルを頭に巻いたバリバリの漁師さんであった。

マイクを握りしめスピーカーから「ボート、カヤックは禁止だ、上がれ、上がれ!!」と言われた。

ん?上がれとは意味が分からないので、岸を指さすと、頷きながら「上がれ!!漁場を荒らすな!!」と言われた。

ん???魚も居ないし釣れないのに漁場も何もないだろう??しかも、環境破壊する施設が目の前にあるのに!!と疑問を感じながらも大人しく従い、岸に向かう。

P1030614_2

岸に向かい漕ぎ出すのを確認すると、他のメンバーのカヤックにも近づき、同じようにマイクで注意をしていた。

近くで釣りをしていた二人組のゴムボートが近づいてきて

「こちらにも聞こえました、自分達も上がれってこですかね?」と聞かれたので、

「ボート、カヤックと言っていたので多分上がれだと思われます。」と答えると、二人で少し考え、

「もっと西の岬の向こうへ行ってみます、多分あそこは別の漁場だと思うんで」と言い、全力で走っていった。

それを見た、漁師船は全速力で追いかけ、岬の手前で追いつきマイクで注意をしていた。

こちらまで聞こえなかったが、二人組はかなり文句を言ったらしく、漁師船は去り際

「ちゃんと注意しましたからね、お願いしますよ!!」とちょっと丁寧に言って去って行った。

どうも、あの船限定で言われるらしく、この地自体は禁止ではないらしい。


P1030617

折角案内してくれた、M谷君が申し訳無さげに「移動しましょう」と言い、先週釣った実績ポイントへ移動することとなった。

P1030620_2

一時間近く走りポイントに到着。駐車場にはマリブカヤックスのラックパッドを着けている車が停まっていて、沖にはカヤックらしき姿が。

多分、サウスのお客さんだろうな〜などと考えながら出艇の準備をする。

一度落としたテンションを無理矢理上げながら出艇。

今にも降り出しそうな曇り空、風は風速4m前後、沖へ向かって吹いている。

水深10前後にベイトの反応がある、ブリも回遊しているらしいので運が良ければヒットする可能性もあるとの事、少しテンションが上がる。


P1030623_6

ジギングからスタート、水深20〜40mまでを丁寧にシャクルも反応が無い。

少し沖へ向かい水深50m前後でシャクルも変わらず反応無し。

P1030624_3


インチクに代え、落とし続ける。 50mラインでグッと引き込むアタリがあり、二度合わせを入れる。

少し重いが走らない・・・・う〜ん 例のヤツだな・・・

P1030626_4

50cm近いナイスサイズな ESO (えそ)です。

ま、ね、ツミレにすると美味しいのは分かっている!!が釣りたいのは君じゃない!!


P1030627

先発で出艇していたKFAさんが近くに居たのでご挨拶をする。ターポン140に乗るYさんは、なんとレインボーのお客さんであった。


P1030628_3


P1030629

朝一出たゴムボの人がブリを掛けたらしいとの情報をもらう。

あう、すでに昼前・・・

そのまま、一緒に中谷さんと合流。

P1030634

中谷さんはシーバス、さえみちゃんはアオハタをゲッツしたとの事。上手いなあ〜

少し浅いポイントへ移動し、サビキジグを落としお土産用のアジを狙うも釣れない・・・

その内、雲が切れ出し、真夏のような太陽が照りつけて来た。

強行軍で寝不足の為、落ちる・・・

魚探の音に目を覚まし、サビキを落とすを繰り返すも釣れない・・・・

太陽はジリジリと照りつけ、首筋がチリチリする、限界だ。

一人先上がりをし、荷物を片付け、濡れていたタオルや衣服を乾かす。


P1030637_2

他のゴムボの方も釣果は芳しく無いらしい・・・先週と状況が変ってしまったらしく、どこのポイントでもあまり良く無いとの事。 少し遅かったようで残念!!

しばし真夏のような太陽の下で寛ぐ。

一時間程してレインボースタッフが上がって来た。片付けを手伝いながら釣果を聞くと。

中谷さん(シーバス)さえみちゃん(レンコ×1アオハタ×3)マスタニ君(ボーズ)


Img_1660


Img_1659


これに自分(のぶぞう)もボーズなので、カヤックフィシングをメインでやってる二人がダメダメなのである。


そのまま、敦賀インターから帰る三人と別れ、敦賀市内のマクドナルドでブログアップ。

近くのスーパー銭湯で生き返り、そのまま大きな商業施設の駐車場で夜を明かす。

関西カヤックフィシング探検隊と合同演習は土曜日となった。

それまでどこで何をして過ごそう??贅沢な極みである(笑)

のぶぞう


| | コメント (6) | トラックバック (1)

消えたブログ。

先ほどまで書いていてアップする際に処理を謝り消してしまった。

二時間かけて書いたブログ!!そろそろバッテリーが危険だと思い、保存をしようとしたら変なボタンをおしてしまった。

若狭での報告、昨日までの行動記録が消えました。


凹んでます。


のぶぞう

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年6月23日 (木)

go west  静岡でのミーティング

チャリティーフィッシングが終了した後、そのまま西伊豆地区でカヤックフィッシングを続けるのか迷う、週末に若狭方面に入ればいいので、多少余裕がある。土肥の公園でハタと考える。

戸田在住の友人に連絡を取ってみるが、変更した番号を登録し忘れてたので連絡がつかず、戸田行きを諦めた(イーモバイル圏外だし)椅子に座ってガッツリブログを書きたかったので、峠を越えたマクドナルドへ行き、ガツンと書く(ウインドスターの記事)沼津の知人が遊びに来てくれたので話し込むと時間はあっという間に過ぎた。堪え難い睡魔に襲われたのでマクドを退散し適当な公園を探し走る、良さげな場所に止まり寝ていると大型トラックがやって来てすぐ後ろに停め、エンジンをかけたまま寝だした。慌てて飛び起き車を移動する。とりあえず西へ何カ所か寄り道して商業施設駐車場に停め仮眠。
P1030591

寝付けずパソコンで画像処理などをしていると、自転車に乗ったおじさんが見に来た、巡回の警備員かと思いきや、少し痛い人のようで、駐車場内をグルグルと回っているだけであった。にしても毎回目が合うので困る(笑)

西へ西へ 富士の道の駅で休憩を取り地元へちょっと寄り道。

昼飯と夕飯をゴチになり、静岡チームシーチキンのK兄弟とお茶をする。


Img_1638_2

せっかくの機会なので、ツイキャスでライブすると、13人もアクセスが!!静岡市でビーチクリーンとカヤックの試乗会の企画、好きな人を釣れての伊豆への遠征や、テンガ話で盛り上がる(爆)

ツイキャスの模様1 

ツイキャスでの中継2

今後、もっともっと静岡でのカヤックシーンを盛り上げたいと燃える二人に熱いバトンを貰った。協力出来る事、なんでもやりますぜ!!時間はあっという間に過ぎ0時近くに、実家に戻りそのまま就寝。

予定ではヴァイキングカヤックへ寄り、浜松で知人の飲み屋に顔を出し浜松泊、翌日は浜名湖のカヤックポイント(マリーナ)へ行き、状況次第でカヤックフィッシングをやり、そのまま蒲郡のM谷君宅へお邪魔をし、その翌日にレインボーへ遊びに行き、夜半に若狭へ向け出発であった。

午前中にM谷君から連絡があり、週末は天候が悪そうなのと、レインボーがお休みの明日、若狭に行かないとお誘いを受ける。

う〜〜〜〜〜ん、予定をすっ飛ばして直接の現地入りっすか????

ま、行って出れないより、少しでも出艇出来る方がいいし、レインボースタッフの皆さんとKFする良い機会である。浜松の知人と浜名湖のマリーナに期待しているホエールさん達には悪いが若狭入りを強行することにした。

取りあえず、焼津のオートバックスにてタイヤのローテーションをしてもらい、イシグロ、フィッシング遊を覗いてみる。

Img_1642

イシグロにて対ブリ、マグロ用に中古のギャフを購入(爆)

Img_1645

フィッシング遊はバイキングカヤックを取り扱っている。

Img_1646


Img_1647

150号をチンタラ走り、カインズにてフラッグ用のアイテムを買い、細江にあるバイキングさんに。

ジェイソンならぬ、ハンマー社長は不在だったが、焼津出身のHさんと色々と話をする。


Img_1650


P1030596

日本に生産工場あある唯一のカヤックフィッシングメーカー(FRP艇を除く)で年度初めに販売予定数などをメーカーと協議しないで済むので便利だ、まあトヨタ自動車のカンバン方式と言えばいいのかな

店内にプールがあって試乗出来る最高の環境。

P1030598

過去、鹿児島まで車でサーフィンの旅をしたことがあるというHさん、同じような事をする人は同じ匂いがするのかな(笑)兎に角、ここでも熱いトークが炸裂!!地元静岡も捨てたもんじゃないですなと感慨ひとしお。


P1030597

色々と話をして、社長が居る後日また寄るような感じとなってしまった(笑)艤装用にバンジーコードを分けてもらい、パドルを差す用のフロントハッチ上に一カ所、ロッドの尻手コードを繋ぐ用に二カ所取り付けてお礼を言い出発。


Img_1652


Img_1651


目指すは琵琶湖脇の北陸道賤ヶ岳SA!!いざ北陸へ!!


のぶぞう

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2011年6月22日 (水)

チャリティーフィッシング 最高のイベント

今更ながらチャリティーフィッシングの報告です!!

集計報告 ブルーライフさんのブログ

結論から言います、最高のイベントです!!!

皆でワイワイ楽しくカヤックフィッシングをして、ワイワイ美味しいコーヒー飲んで、ワイワイジャンケンして景品貰って、ワイワイお宝をオークションゲットして、そしてそして人助けになる!!という素晴らしさ!! 企画立案行動に移すBlue Lifeさん達に敬意を表します!!ありがとうございます。

ウインドスターのお手伝いをし、仲間の見送りを受け一路西伊豆へ、流石に疲れたいたので西湘バイパスのSAで休憩、そのまま箱根新道を通り箱根越えを狙うも玉砕。頂上で寝袋に潜り込む。気温も低いので快適に寝るが時すでに0時を過ぎていた、三時に起き出し、寝ぼけ眼のまま箱根を下り土肥へ。勝手知ったる峠道、五時前に受付会場のケイズフィッシングセンターさんに到着。


P1030537


Dsc01411


Dsc01422

受付をすまし、ビタモさんの美味しいコーヒーを飲み一息つく。結婚式の二次会からそのままやってきたホエールさんや、午後から店を開けるという中村軍曹、チーム木曜会の面々など蒼々たるメンバーだ。前回、三浦で参加出来なかった事を悔やむ。

Dsc01417

それぞれ、狙いのポイントに散って行く、最終ウエインが16時ということなので、15時をめどに戻るつもりだ。過去実績があるのは少し離れた場所だが、折角なのでホエールさんチャン松君、コロニャーさん、チャンプの後輩さんらと同じ八木沢から出艇した。色々とトラブルが絶えなかったようだが、カヤックフィッシングは7時〜14時と言う事で落ちついたようだ、八木沢漁港前のHAMAYAさんの駐車場に車を預け、目の前から出艇できるのが嬉しい、しかも道具類を洗わせてもらい、尚かつお風呂に入れてしまうという至れリ尽く競り状態。


P1030544

久しぶりの西伊豆だ、ほぼ一年に一回の割合でしか来てない事に気づく。ポイントが今一分からないので早い潮目に行き、ジグやインチクを落とす。川の流れのように早い潮にカヤックを預けると、あっという間に水深100mを越えた。

P1030546


P1030548

ゴツン!!!とワラサあたりが喰いついても良さそうな雰囲気だが、アタリはない。80gのジグだが潮が速すぎてマトモにフォールしない・・・・ラインは200近く出るし巻いているだけで沖に流される。山からの吹き下ろしの風も強くなったので一旦岸方面へ逃げる。本来漕ぐのが困難になりそうだが、ラダー装着タイプのフェニックス130では平気だった。風を正面にラダーを当て込み、ただ力強く漕げば進む、パドリングの左右のロスが少ないので強い向かい風ながら時速5kmは出ていた、驚きだ。


P1030549_3

旅の相棒に選んだフェニックス130、少々短いので不安だったが「バッチ来い!!!」ってヤツだ。

が、最近特に使ってたアイツ等はこんな状況でも流されずポイントに張り付いたままジギングが出来そうなのだ、比べるもんじゃないなぁ〜と改めて実感。

風裏であろう陸地近くまで漕ぎ進むと真鯛ハンターのチャンプの後輩さんがいた。


P1030550

この辺を知り尽くしているので便乗(笑)近い場所でインチクを落とす。少し離れた場所でナブラが立ち、捕食している音が聞こえ、海面が裂ける。慌ててジグサビキを付け投げ込むと、サバが釣れた。いつもなら首を折、内臓を取り出すのだが、市場に出すのでそのまま、氷締めにする。

ナブラが終わってしまったが、同じポイントでインチクを落とし続ける。

底付近で何かがヒット、大きく二回合わせ巻く、あまり暴れないが重い。エソと似た動きだが海面に浮いて来たのは60cm近いマゴチだった!!初マゴチ!!


P1030551

嬉しいことに自分のカメラで撮影して貰った。


P1030555_2

皆、それぞれのポイントでバッチリ釣果を上げている、得に比較的浅いポイントではアカハタなど根魚がガンガン釣れていた。成長の遅い魚だが市場価値は高い。チャリティーには持ってこいの対象魚。

いつもは三浦にてキスを釣っているというビタモさんもバクバクで感激ひとしきり。土肥の魅力に嵌ってしまったらしい。

P1030563_5

トシさん、コロニャーさんもコンスタントに釣り上げている。

P1030566


P1030558

P1030573

チャン松くん、ホエールさんに至ってはジェノサイド状態(笑)


P1030545


P1030574

浅いポイントでカサゴを追加。


P1030567_2

同じポイントでアカハタが三連発するも、サイズが小さめなのでリリース。この辺はオーストラリでの釣行が影響してるようだ。


P1030572


サバフグも一応持ち帰る。


P1030570

お昼となり、お腹が空いたのと五目達成したので、ホエールさんと撤収。


P1030578

ホエールさんのクーラーの中は真っ赤!!!(笑)


P1030579

中々迫力あるマゴチと尺カサゴ!!カサゴは生かしておくと市場価値が高いと後で聞いた。残念。


P1030577

記念にパチり(イケメンだあ〜)


P1030580

HAMAYAさんで艇と道具を洗わせてもらい、対ブラックバス用にホエールさんからバス用ルアーを頂く。


P1030583

P1030585


カーメイトさんのカヤックリフターを装着しているホエールさんのお手本のような画像。こうやって斜めにして置くと水が抜ける。

P1030586_2

カップ麺を喰い、HAMAYAさんのお風呂にて体がトロトロに溶ける(笑)

フワフワした状態でケイズフィシングセンター前の本部へ戻り、ウェイン!!! マゴチが一番大きいらしく皆が驚いてくれるのが最高に嬉しい!!よかったよかった。


Img_1622_2

ゆういちろうさん、オマさん、アカフォレさん、タツヤさん等とワイワイとトークし

P1030587

ウェイン終了後のお楽しみジャンケン大会とオークションで熱く燃えた!!
途中、声を掛けられたので、振り返ると最近松本へ転勤してしまったゴリ君が居た。偶然通り掛かり寄ったのだという、しかも南伊豆にて2kgのアオリを上げたという、寄付しなさいよ!!と言うと「えへへ」と言ってお茶を濁していた(笑)

Dsc01446

オークションで出た、YATAフラッグを格安にてゲットさせて頂きました旅の相棒とすべく改造しました。


Img_1623


漁船や乗り合いに良く乗るというメンバーの方からアルミの空き缶をフラッグのテッペンに被せるとレーダーに映るので簡単なのでやるべきだとアドバイスを頂く。市販のレーダーリフレクターは少し大きくて重いので工夫が居るが、アルミ缶一個なら簡単でいい。早速使わせてもらう事にする。

全てのイベントが無事終了。

楽しくカヤックフィッシングをして、カヤックと道具を洗わせて貰い、お風呂にも入り、景品を貰い、被災地に援助が出来るという最高のイベント、カヤックフィッシング冥利に尽きました。スタッフ並びに関係者の皆様本当にお疲れさまでした。とても素敵なイベントで勉強になりました。

Dsc01447
10月に開催予定のカヤックフィッシングミーティングでも近い事が出来ればなぁ、と思いました。

さて、ホエールさん、チャン松くんに見送られながら出発!!!いざ西へ!!取りあえず静岡かな〜

のぶぞう

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2011年6月21日 (火)

ネタバレ

すでにネタバレしてますが、日曜日のチャリティーフィッシングでマゴチ筆頭に五目達成しました。
ブログUPしようと意気込んでいると、滞在先がイーモバイル圏外で記事が書けず、野暮用済ませたり、ミーティングして、今にいたります。
1308603272712.jpg
チームシーチキンさんと、ミーティング

1308603281914.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

旅の始まり

三年半苦楽を共にした部屋を離れた、雨振る中バイクから、サラバありがとうと怒鳴る。
色々あった横浜在住であったが、とても素晴らしい体験ばかりである、感謝感謝!!
ずぶ濡れになりながら盟友えんちゃん宅へ行き荷物の整理と出発のパッキングをする、計画性の無さが災いしてか荷物は膨らみ車内はのそれはまるで○○屋敷のようである・・・美味しい夕飯をごちそうになり、再びサラバ!!と挨拶をし暖かい見送りを受けながら和田長浜へ!!途中藤沢に寄り、到着すれば夜半過ぎ。ゴタゴタの荷物を移動しフルフラットの寝床を作り一人ビールで乾杯をし床に着く。

P1030422

一夜明け、天気は曇り。

P1030426

軽く準備運動をする、本日は長浜にあるシーカヤックツアーショップウインドスターのヘルプである。これまでお世話になったチャーリーへのお礼と選別をせしめるのだ(笑)

P1030427

7時からカヤックを浜に運び込む。さすが9艇もあると壮観である。


P1030428


P1030429


P1030441

早朝より出艇し、すでに浜上がりしてるKFAがチラホラ。


P1030435


P1030436

サウスウインドも試乗会ということで、スタッフの二名が準備完了していた。


P1030437_2


P1030438

デスペラードの試乗艇が届いたようだ、か・・・カッコいい!!俺カラーのオレンジ!!??ほ・・欲しい(笑)

P1030439


集合時間が近くなったので、そそくさと着替えをしお客様を待つ。合間に浜上がりしたアングラーさんの片付け方法を見て今後の旅の参考にする。

ドライブを乾かしたり、他の用品を吊るしておくという秀逸のアイディア!!参考にさせてもらいます!!

P1030440

着替えが終わり、PFDの調整をし、ツアーのスケジュールとコースを説明。


P1030443

浜へ行き、各自艇を決め、準備運動をしパドル講習をする。準備運動もパドリング講習も今までやってきたスタイルとは違うので勉強になる。

P1030446


P1030449


準備体操が終了した後、スプレスカートを履き、PFDを装着。

P1030450

パドル講習、乗艇の仕方、沈した際の脱出方法などを親切丁寧に指導、各自フットブレイスの調整をしほぼ完了。これまた教え方が違うので勉強になった。

P1030452


P1030454


P1030456

先に沖へ出て、出艇後の誘導をする。浜付近で波が立っていたので、水が入った・・・

P1030461


P1030464


P1030466

P1030469_3


生憎の天気だが、暑くも無く寒くも無く日焼けの心配も無いので快適だ。一路油壺方面へ向かうが、チャーリーよりお使いを頼まれ、生シラスとシラスの佃煮をゲットしに反対方向へ漕ぎすすむ。


P1030473


P1030474_2

かなり長浜には通っていたが、捕れたての生シラスが買える場所があるなんて知らんかった・・・いや、多分聞いた事あったんだろうけど、シラスのメッカ静岡出身の自分にはあまり興味が湧かなかったのだな。うんうん。ともあれ、任務を遂行しツアー御一行を追いかける。

黒崎を越えたあたりで追いつく。


P1030476


P1030477_2

おっかなビックリだったお客様も少しカヤックに慣れたようで、楽しそうに漕いでいる。


P1030482_2

P1030480_4

波も風も無い穏やかな海況!!パドリングが出す「パチャパチャ」という水音だけが響く。

P1030478

三戸浜を抜け、岩場を通り抜ける。

P1030485


P1030488


P1030489

岩場を抜けると、上陸ポイントの浜が見える。子供の頃から過ごしたという海だけあってチャーリーの案内は詳しくて面白い。いつもにも増して頼もしい海の男である。


P1030491

P1030494


引き潮なので浜が浅い、何か採っている地元の人達が多い。順番に上陸し、お昼までタイドプールを歩き回る。

P1030497

P1030500


P1030501

いきなりタコを捕まえるチャーリー、昼ご飯に食べるのかと思ったがリリース(笑)

P1030503

色んな生物が居るタイドプール、いつも海上で釣りしかしてないので新鮮だ。お客様の質問にテキパキと答えるチャーリー、その博識ぶりに脱帽。

P1030507


P1030509


P1030506

さて、12時となったのでお待ちかねのお昼タイム!!ウインドスター名物マグロの漬けと生シラスとシラスの佃煮の「三食丼」


P1030510


P1030514

うまい!!との唸りが聞こえてきます。

P1030517

すんません、ごちそうになりました。 

P1030519

いや〜マジ美味い!!マグロの漬けと新鮮な生シラス+佃煮にが相まって、それはそれは見事なハーモニーを奏でます!!

「まるで三浦の海の宝石箱やぁ〜♬」と彦摩呂ばりの感想が出ます(笑)

お昼を食べ終わると同時に雨がパラパラと落ちてきました。少し早めですが長浜へ戻ります。


P1030520

べた凪ですね!!

P1030528

P1030526

午前中よりパドリングが上達しているので、漕ぐスピードが早くなりました。三戸浜の近辺で雨粒が大きくなった。


P1030530

フラッドラッシュでも平気な気温だったが、流石に雨に濡れると寒い。ラッシュガードか一枚ヤッケでも持ってくればよかったと後悔。


P1030535

雨はさらに激しくなったが、浜に到着した頃には小降りになった。お客様がシャワーを浴びている合間にカヤックを洗う。

全て洗い終え、シャワーを浴びて人心地、試乗会を終わらせた河ちゃんと水野君と本日もKFしていた、G君と歓談。 特にG君にはブラックバス釣りの情報を貰い、若狭が地元の水野君にも情報を貰う、出発前に何よりの選別だ。


お客様を見送り終えたチャーリーと合流し、定番スキヤでディナー(爆)沢山漕いで沢山動いたのでガツンとメガ盛り!!


Img_1610

Img_1611

最後の最後に気の合う仲間に見送られて出発!!感動と感謝でハンドルを涙で濡らす(嘘)


Img_1615

ドタバタながら、良い出発が出来た!!

さあ、ブルーライフさん主催のチャリティーフィッシングの開催地、伊豆土肥へ!!


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年6月14日 (火)

ん?しまっったあああああああ〜!!!

殆どの荷物を撤去した部屋で改めて皆様のブログをチェックしてました。

ん???

あれ????

あああああああああああああああ〜〜〜〜!!!!

と、自分のブログにリンクを貼ってない事に気がつきました!!

ホンットーに申し訳ありません!!!

大慌てでリンクを貼らせてもらってます。

サウスウインドのブログで一生懸命リンクしてたので、やってたつもりでおりました。猛反省!!

一応、面識ある方々のブログはガンガンリンクさせて頂いてますが、リンクしてもいいよ〜という奇特な方、是非リンク貼らせて下さい。

宜しくお願いします!!

さて、荷物も大分片付きました、あとは手続きやら、細かな旅の準備などして出発です!!

来週はふふふふ、へへへへ〜楽しみだぁ〜!!

名前ばかりで実態がなかった「TISCO」が東京に住所と電話番号を置く事になりそうです。

これで旅先で職務質問にあっても住所不定無職にはならんですね。

のぶぞう


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

進水入魂!!

新しい相棒に名はまだ無い。気がつけば自分の持ち物に名をつけた事が無い。

長浜へ向かう道中、いつもならゴウゴウと唸りをあげる車上の風切り音が少ないのは親の欲目というやつか?それにしても、ガッツリ固定されているカヤックは安心だ。

にしても、僅か2分オーバーで通行料金が倍になってしまった、悔しいなあ。携帯を忘れたと思い、部屋に舞い戻った時間が無駄だった。しかもちゃんとバッグに入れて持っていたというオチつき。

生憎の天気に長浜に車は無い。

P1030371_3

日曜日に歩き回り過ぎたのか体調が今一。つか今頃身体が重くなっている・・・しかも睡眠不足気味。

出るか出まいか迷う、薄暗い天気が気持ちを萎えさせる。

とは言え、サポートを受けている身である、心頭滅却火もまた涼なり!!と逆上気味に準備を始める。
カヤックを降ろそうとリフターを振り出す、ここにフロント部分を載せると担ぎ易い事に気がつく、新しい発見だ!!とパチり。

P1030373


P1030374

本日は進水式+ホエールさんから託されたプロトタイプロッドも試したい。

P1030375_2

バッドが若干短いのが気になるが、これまで使っていたテイルウォークよりジギングがやり易そうだ。鯛カブラもいけるということなので、インチクも用意して行く。

P1030376_3

あとは、実際に海に出て艤装ポイントを考えるのだ、トライアル&エラーなのかな?
本来ならシャンパンや日本酒などで海の神さまに祈祷を捧げるのだが、コーヒー好きな自分はコーヒーで良しとする。

船首に捧げ

P1030377_9

船尾に捧げ

P1030378_2

海に捧げ、自分で呑み、拝む。
P1030379

本日はアオリとジギングで青物狙い。


P1030380_3

漕ぎ出してポイントまで10分、以前ホエールさんが釣っていたポイント近くからスタート、沖へ風が多少あるのでパラアンカーを落とし、エギングスタート。

P1030382

スクイッドシーカーが鉄板だと思われたので、他の餌木は持ってこなかった。

P1030383_2

水深が10m前後であまり流されないので餌木はあっと言う間に着底し、一回目のシャクリから竿先がしなる!!おおおお〜と合わせるも次の瞬間には落胆に変わる。

P1030384

ま、いつもの事だから仕方が無いと思いながらカウントしたり早めに巻き始めたりと試行錯誤するが釣れるのは◎ばかり。

P1030385

食べ盛りの子供の居る家庭にイカは最高と思ったのだが、無理なようだ。一時間程頑張るもクジケル。

沖へ進路を向け、いつものポイント方面へ向かうも変わった南の風が岸へ押し戻す。

ある程度の水深まで来れたのでパラアンカーで流しながらのジギングスタート。

P1030386_2


プロトタイプといいつつも、味付けが憎い!!愛用してたテイルウォークよりシャクリ感がイイ!!うんうん、ロッドは実際に使ってみないと分からないからハズレも結構あるんだよね〜

動画にて撮影しインプレをする。

スタート地点から500m程流されると、海面が少しざわつき、フォールしたジグが途中でフワっと止まった。

あ、きた〜!!!だけどサバだ!!!取りあえず一本は取りたいので慎重にヤリトリをしゲッツ!!

P1030388

まあ、なんにせよ入魂成功!!そのままサバ折し内蔵を出すとイワシがボロボロ出て来た。

今回、使用したジグのシルエットとカラーがドンピャシャでこの後10分に一度の割合でヒット!!

サバとはいえ、海面近くになると急激に走り出す、いい感じでロッドが受け手めてくれ、よくシナった。10kgクラスのブリだとちょっと不安だが、相模湾のワラサクラスなら行けそうだな。今後も楽しみだ。

P1030391

バラしを含め8匹程釣り上げ4匹リリースをしインチクにチェンジする。

これまた、今まで使っているロッドより若干曲がり感はあるものの十分使えそうなので驚く。オールマイティとは聞いていたが、リジットで行く際には便利な一本だな〜有り難い!!

ヘリが少し離れた場所でホバリングを開始、何か撮影してるのか仕切りに同じポイントを飛んでいる。
万が一墜落シーンを映像に残せたらスクープなので、すぐ撮れるようにカメラを構えてみた。が幸いなのか不幸にしてスクープならず、ヘリは悠々と丘の向こうへ消えて行った。


P1030392

昼まで粘って終了。まあお土産が出来たので良しとしよう。


P1030393


艇にはもう少しアイレッツやバンジーコードが必要だと実感。要艤装だ。他の装備も試してみる。バーエンドフックには濡れたPFDが掛けられ、ロッドフックにはロッドが仮置出来るので便利である。

P1030394


P1030395

軽く昼飯を食べ、近所に新たに出来た「すこなごっそ」なる横須賀JA経営の市場に行ってみる。

Dsc01409_2


近隣の農家の人達の作った野菜が格安で売っている。魚のお土産が無い時には重宝するな〜!!
朝、サウスウインドのクラブハウスの大家さんと話をしてタマネギが凄いとの情報を得ていたので迷わずタマネギを買う、他にもあまり見かけないサイズの野菜がゴロゴロあり面白い。

Dsc01410

頂いた野菜と合わせると結構な量になった。


P1030368

ウインドスターのタカさんが来てたのでお裾分けをし、やってくる筈のサウスウインドスタッフの到着を眠い目をこすりながら待った。

チャーリーとマッチョ副隊長がやってきたが、連日続いた寝不足による睡魔に勝てず先に車に戻り寝た。

翌日は本格的試乗会を開催する前に一通りの手順とレスキュー講習をやっておくのだ。


つづくかな?

詳細はサウスブログにあっぷしてありますが・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

カヤックフィッシング旅の準備 西へ2

さて、車載の準備が完了しました。肝心の旅の相棒を引き取りに横浜サウスウインドへ向かいます。


Dsc01389

これまであまり貼らなかったステッカーをガッツリ貼ります(笑)


Dsc01390

スタッフのKAWAちゃんと保管してある倉庫へ行きご対面〜!!


Dsc01391

フェニックス130ラダー カラーオレンジ!!

今回、旅に相棒に選んだカヤックです、当初ホビーのレボリューションにしようか迷ったんですが、色んな情報を発信するにあたり、ホビーなら行けるけど他のカヤックなら厳しいという状況が多々ありそうなのと、ドライブシステムの大きさが少し邪魔なのと、故障した場合の手間などを考慮した結果、軽くて扱い易いフェニックス130となりました。

Dsc01392

早速、キャリアに載せてみます。ノンスリップマットがガッツリ食いついたので安定してます。
移動距離が短いのでそのまま底を下にした状態で移動。

Dsc01393

店に戻り、艤装開始。

まずはリアラゲッジのバンジーフックを変更、フックを二カ所に取付、他のカヤックのように取り外しが出来るようにします。


Dsc01398


Dsc01400

続けざまに埋め込みロッドホルダーの増設をします。4カ所あるとネットを挿せるので便利っす。


Dsc01403


Dsc01404

基本リベット止めです。

Dsc01406

二つ増設して完了。

Dsc01407

ボディ素材がABSなので表面がつるつるしてます。サポートしてくれるサウスウインドとINNOさんのステッカーを貼ります!!


Dsc01394


Dsc01395

さて、慣れたもんであっという間に艤装完了。ちなみにスタッフの方々は誰も手伝ってはくれず放置プレイ!!!外でシコシコとやってました。(当たり前ですが・・・)

この後、お世話になっていた釣具屋さん「つり人天国」へ行きご挨拶。ステッカーが無いので貼れませんでしたが、貴重な情報を頂きました。

一旦自宅に戻り、和田長浜にて進水式、ロッドのインプレ、サウスウインド試乗会の為のレスキュー講習をやることに。

つづく


| | コメント (0) | トラックバック (0)

カヤックフィッシグ旅の準備 西へ

横浜を引き払い、行きたかった場所、見たかった場所を目指す。

外部の要因は自分の心の方向を位置づける要因の一つだが、人間は自由だし自由に生きていいんだよというメッセージを改めて自分に刻み込む為にあえて行動する。

折角なので、カヤックフィッシングをしながら行脚でもしようと思った。

移動の基本は車、フィールドからフィールドへ

余分な荷物は全て処分、完全なる断捨離の断行!!

生活の基本は車になってしまうので、洗練された荷物選びと車の改造が必要だ、以前より良くして頂いてるカーメイトHさんに相談をする。

それならば!!と快諾して頂、快適に過ごせるアイテムでマイスパイクを武装してもらう運びとなった。

以前より使用してたのはTERZOというイタリアのメーカー、カヤックを始めた当初、訳も分からず買ってしまったキャリアシステム。

買った後、カヤック用のアタッチメントの殆どが、INNOとTHULEの二種類だと知り、しかも買ったテルゾーだけバーのサイズが1mm細いので合わないという恐ろしい事実を味わった。

Dsc01361

仕方が無いので1mm厚のアルミプレートを挟み込んだりしたが、ちょくちょく外れて屋根を傷つけたりして最悪だった。しかも取り付けの際には六角レンチが必要で、作業もやりづらかった。なので、お客さんに相談された時は迷わずINNOを勧めていた、メイドインジャパンだと知ったのは担当者の方々が挨拶しに来てくれた時だった。

Dsc01363


Dsc01365

外す前から分かっていたが、かなり凹んでいた・・・ホンダ車は全般に屋根が弱い!!というかボディの剛性が全体に弱い気がする(元ホンダ部品社員です)

約束の時間に豊島区のカーメイト本社へ行く。

今回、お世話になった担当のHさん、これまでカヤックフィッシングミーティングにも参加してもらってるKFAさん

Dsc01381
担当のHさんや他の社員の方々がドンドン武装してくれるので恐縮してしまう。おすすめのノンスリップパッドの説明をしてくれた。通常はロールタイプのアタッチメントを使用していたがこれなら滑らず安全である、が滑らない故に位置を移動するには浮かさないとイケナイ。

Dsc01367

続いて、カーメイトさん渾身のカヤックアタッチメント、カヤックリフター!!開発の際には一応アドバイスなどしまして、プロトモデルを使わせて頂きました。車を傷つけず安全に車載するにはとても便利なんですが、パワーのある自分は放り投げるように積んでいたので使ってませんでした、すみません!!

Dsc01369


Dsc01371_2

今回の旅でどーしても必要だと思ってたルーフボックスも取り付けてもらいます。通常のキャンプでも荷物が多くなりがちなんですが+カヤック用品となるとヤバいんです・・・・

Dsc01382

ノンスリップパッドの取り付け位置は実際に載せるカヤック合わせ、なので取りあえずの位置に固定。


Dsc01374

面白いアイテムがあります!!というHさんが持って来てくれたのはバーアタッチメントのロッドフック。


Dsc01376

これをバーの前後に差し込み、引き抜くと、ロッドの仮置き場が出来ます、これまでロッドを車に立てかけて置いたりして倒したり踏みそうになったりしてたので、このアイテムはありがたい!!!!


Dsc01378

Dsc01377


Dsc01379

ロッドを置くとこんな感じ!!

Dsc01380

着々と武装が進んで行きます、反対側にはバーエンドフックも取り付けて完成!!!かっこいい〜!!!

Dsc01388
動画にまとめました。
これでカヤックを積む為の車載の準備が完了!!さて肝心の旅の相棒となるカヤックを引き取りに横浜へ向かいます!!

つづく


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

KFANW カヤックフィッシングアングラーノルディックウォーキング

折角の晴天なので、パソコン一式背負い徒歩で出かける。

取りあえず無目的、曲がり角で気の向く方向へ歩く事にした。

歩くうちに色んなイメージが湧いてくるのが面白い。適当に迷いながら歩いていると、みなとみらい方面へ向かっていた。

みなとみらい地区に入ると途端に歩道幅が広くなり歩き易い。

先日読んだランニングの記事によれば裸足もしくはサンダルのような薄い素材で歩いたり走ったりすると本来足の持っている機能が発達してとても身体に良いということだった。

右足が扁平足気味なので、ものは試しとサンダルを脱いで裸足で歩いてみる。一歩踏み出すと、いきなり踵(かかと)にゴンと鈍い衝撃が走る。何歩か歩くと踵の衝撃が頭付近まで達してとても気持ちが悪くなる。試しに足の指に力を入れ、少し前傾気味にして踵に衝撃がいかないようにしてみる。すると先ほどの衝撃がとても小さくなり軽快に歩けた、一歩一歩足の指が路面を掴み、今まで味わった事のないような感覚で歩けた。通り過ぎる人達は見てはイケナイモノを見るように目を反らすのが面白い。
Img_1553
ただ歩くだけでは勿体無く、kayak55のホエールさんのmyブームのNWことノルディックウォーキングがやりたくなったので桜木町のコレットマーレのアウトドアショップに行きノルディックウォーキングポールを物色する、一番安い奴で11500円・・・んカタログを見ると同じモデルが9800円となっている。
店員さんを呼び止め、確認してみると旧モデルなのでこの値段だと言う、新しいモデルを取り寄せると9800円で買えるという・・・ま、過去にカヤックでも同じような事があったので無理は言えないのだが、それならどのみち売れ残る訳だから多少でも安くして売った方が良いのでは無いかな〜あっさり旧モデルだからダメですねとは残念である。ふふこの店で買うのはよそう・・・同じ金額払うなら、前回見に行ってしっかり対応してくれた店員さんがいる石井スポーツにお金を落とそう!!などと自分の過去の接客を振り返り反省しつつ関内方面へ足を向ける。

折角なのでサウスウインドへ寄り挨拶をしていく。

Dsc01356(写真はKAWAです)

6月から新たに加わったスタッフのMさんにご挨拶、とても感じの良いスポーツマンという印象。
さすがに日曜日は忙しいのでお邪魔は禁物、ささっと動画を撮影するも、これだ!!という素材が撮れない・・・(苦笑)ではではと退散しようかと思ったらng>KFANWの副会長HAMAちゃんがノルディックウォーキングスタイルで来店(爆)

Img_1555

これは神の啓示である。そのまま石井スポーツまで連行、迷わずに一番リーズナブルなタイプを購入。


Img_1556


Dsc01360

みなとみらい地区を中年二人でNW!!会長(ホエールさん)不在ながらKFANW初の多人数によるNWが実現、そのまま人通りが少ない道を選びパシフィコ横浜方面へ。


Img_1557


Img_1560

ユーチューブにて歩き方の予習をしていたので、以外に歩ける!!上半身を効率よく鍛えられると評判通り二の腕が引き締まりそうだ。腕の振りを大きくすると歩幅が大きくなりスピードが出る、パワーウォークという奴らしい。パシフィコの裏手で休憩、編集中の電子版カヤックフィッシング雑誌のインプレをしてもらい、意見を貰いアイディアを膨らます。

みなとみらい地区でも地震で被害に合った場所は修復中で通れない場所が何カ所かあった。

Img_1559
本の読めるスタバに行くも満席の為、屋外でアイスラテを飲み、クイーンズモールに出来た大型アウトドアショップのゼビオへ行く、ここは出来たばかりのお洒落な大型店だが、NWの取扱いが無い。


Img_1561


Img_1564


Img_1563

折角だからとランドマークを抜け、動く歩道の横をNWしながら、またまたコレットマーレへ行き、メレルにて素足感覚の新しいランニングシューズを見る。

Img_1569


Img_1570


Img_1572

これからの足の裏が薄いというのが主流になりそうだが、今まで散々エアーだのショック吸収剤だの踵に入れてたのは何だったんだろう?? あと、明らかに素材量が減ったのに値段が変わらないというのも疑問である。羞恥心が無いので裸足で歩けばいいだろうと言うと、副会長が「地下足袋でいいんじゃない!!」と一言。素晴らしい!!ワラジもいいね。日本文化万歳!!向かいにある某アウトドアショップを冷やかして赤レンガ倉庫まで歩く。


Img_1575

ここにバイクが置いてある副会長とお別れ。専用バッグにポールを入れ担いで行くらしい。

Img_1580

そのまま重いバッグを担ぎ、自宅まで5km近い道のりを歩く。久しぶりに15km近く歩く。初めてのノルディックウォーキングだったが、歩くのが楽しく長距離を歩いても膝や足に負担が少ないのが良い。腰痛持ちの人や膝が弱い人にはおすすめです。あと上半身も効率良く鍛えられるのでパドリングに使う筋肉が鍛えられますので風の強い日などのオフトレにおすすめです!!!

只今カヤックフィッシングアングラーズノルディックウォーキングクラブでは会員が3名のみなので今なら先駆者となって大きい顔が出来ますよ!!

興味の有る方はkayak55のホエールさんまたはこのブログにてお知らせ下さい(爆)

ちょっとした動画は後日アップします。


のぶぞう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

ホンデックス PS-501CN(ちょいナビ)インプレ 軽

ホンデックスの新型乾電池駆動魚群探知機 

ホンデックス PS-501CN(ちょいナビ)をいじりました。
税込価格 39,900円(税別 38,000円)

特筆すべき点は同じサイズながらGPSを内蔵したという画期的な商品。
他メーカーのGPS機能付き魚探は最安値で70000円(格安です)という価格ですが、それよりも三万円も安いんですね。

いや〜やってくれましたね〜!!ホンデックスさん!!!カヤックフィッシングにおける魚探メーカーの地位をより強固なものにしました。恐るべし。

カヤックで使用するなら十分対応出来ますね、ただし水深100Mの深場をメインでやる人達にはパワー不足です。船底に貼付けた状態だと80m前後で不安定になります。(過去実績)

使用感はいたってシンプルで扱い易く、ほぼボタンを押すと好きなメニューに飛ぶ事が出来、ポイントの入力も素早く簡単に出来そうでした(すみません、試すの忘れました)

紹介ページ

あくまでも防滴仕様なので、沈して海中にあると内部に浸水する危険があります。
前モデル同様、前面のパネルに排気穴があると思われ、内部が冷える事によりそこから浸水するようで、ひっくり返って艇をすぐ戻せれば結構平気なようです。

IPX6なのでIPX7になると安心して使えるので次回のモデルチェンジの際にはご検討の程宜しくです!!

ガサツな海外メーカーに出来て日本メーカーに出来ない訳が無い!!!

以下動画と生放送動画になります。

ツイキャスによる生放送録画

次第にカヤックフィッシング向けの道具や用品が充実してきました、あとは安全で楽しいフィールドを作るのみ!!!

のぶぞう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »