« Desperado 紹介動画完成 | トップページ | カヤックフィッシング蕎麦ミーティング »

2011年5月27日 (金)

プチツーリング 漕ぎ練

ふう、身体がだるい。

一日経つが、身体が重く眠い。

昨日はバイクで長浜へ行き、プチツーリングをした。

P1030315

長浜に到着すると、すでに何人かは出艇しているらしく、カヤックキャリアを積んだ車がチラホラ。

横浜は曇りだったが、三浦は晴れていて気持ちがいい。気温は20℃を超えるらしいのでフラッドラッシュの上下にネオプレンのパンツで十分だろう。仮に釣りをするなら海上で留まるので上下にもう一枚づつ欲しい。

チャーリーと何で行くかと話をする、久々にサーフスキーを乗りたいということになり、彼はあまり使っていないシナジーライト、自分が卸したてのステラを使わせてもらうことにした。


P1030316


P1030318


P1030322

サーフスキーとは元々ライフガードの人達が使っていたカヤックで釣りで使うカヤックと同じシットオントップタイプ。

性格は全くの逆で高速で超不安定。長くカヤックをやっているとコチラに行き着く人が多く、長浜や湘南では結構メジャー。といっても止まるとひっくり返るので漕ぎ続けなければイケナイという極Mかカヤックであります。

ちなみにハワイの大会は有名で最高速で時速60km位出ると言われてます。
http://www.youtube.com/watch?v=6oDpWYkXA9A&feature=related

チャーリーのシナジーというカヤックは兎に角不安定で油断すると沈するという、プロのカヤッカーをしてもって油断すると漕ぎ沈するという恐ろしいカヤック。

正直、漕いでいる姿をあまり見た事なかったので、もったいないな〜と思っていたが、ソロだと再乗艇が厳しいのでパートナーが居ないと漕げないとの事、かといって、アングラーや普通のリジットでもスピードが違うので一緒に漕ぐのは厳しいので、同じサーフスキーでかつ、レスキュースキルがある人達とでないと行けないらしい。

P1030322_2

サウスウインドのステラのサーフスキーは比較的安定が良く初心者でも乗れる。がことレスキューで他の艇を補助するとなると気合いを入れないとイケナイ。

海は穏やかな凪なので問題無さそう。

P1030323

P1030325


P1030326

ひっくり返る事も無く漕ぎ出せた、がパドリングが上手く行かない。

チャーリーに至っては漕ぎ出せたものの、とても不安定で尻をズラすことも出来ず、「あ〜」とか「う〜」とか言いながら漕ぎ進んだ。


P1030328

黒崎の手前で、ポジションを直したいということになり、黒崎の裏の浜へ上陸。

P1030329_3


P1030331


P1030335

再び漕ぎ出し、しばし漕ぎに集中する。

パドリングの仕方が違うので、他のサーフスキーを漕いでいる人達のパドリングを思い出し試行錯誤する、身体も温まり、なんとか効率的に漕げるようになってきた。

と三戸浜を超えた先にカヤック三艇が釣りをしていた。

見た事ある人達だな〜と思い近づいて行くと、エサ釣りの名人Nさん一行だった。

チャーリーは「休憩させてもらう!!」と喜びの声をあげ、カヤックに掴まらせてもらい休憩を入れた。

P1030336


P1030338

釣果を尋ねると、メジナとカワハギが釣れたとのこと。うーん、流石!!が、本人は黒鯛狙いだったらしい。

P1030341


P1030343

P1030345_2


前回、一緒に海上で釣りをした際には、エサを分けてもらい、イトヨリダイを釣った。
あれから、50cmの大アマダイを釣ったのだが、自慢する相手が誰もおらず、悔しくてサウスウインドまで持って行き自慢して来たとのこと、写真を見せてもらったがすんばらしいアマダイだった。

釣れない、釣れないと言ってはいたが、ジギングやエギングなど釣り方に拘らなければ何か釣れるのだ。

お礼を言い、先を急ぐ。

P1030348


P1030349

P1030352

15分ほど漕ぐと諸磯に到着、アングラー艇とは比較にならない速さだ(笑)

浜でパンを食べ、タイドプールでタコを探すも見つからない、折角なのでツイキャス(ツイッターの生放送)をしてみる。 電波状態が悪いので上手く接続出来ず。


P1030358


P1030356

当に休憩して長浜へ戻る。

行きと違い、スピードが出るので面白い、追い波を受けスピードに乗る。

が、油断するとチンするとチャーリーは三度ほどひっくり返る。


P1030363

P1030364

P1030366

なんとか、無事に浜にたどり着く、さすがにいつもより疲れている。軽くマラソンをした感じ。

折角なので、チャーリーの不安定艇を試乗させてもらう。

お尻を載せた瞬間にひっくり返る。まず船底の形状がオカしいのだ。

二回ひっくり返り、三回目になんとか漕ぎ出せた。

が、少しでもパドルをミスるとひっくり返りそうになる、酷い安定性だ。これを日常的に漕いでる人達って凄すぎだ。

ターンしようと左右のストロークの長さを変えただけで持って行かれそうになる。
「ひいいいいい〜」と悲鳴をあげ、細かいパドルを繰り返しなんとか回避。多分見た目はかなり無様だろう・・・・なんとか沖沈せずに浜にたどり着く。

いや〜極Mだ、これが楽しく漕げるようになる気がしねえ。

ま、とても良い経験をさせてもらった。ありがとう。

P1030367

休憩をし、空を見上げると真っ黒な雲が横浜方面へ続いていた。
洗濯物が心配なので、横横で横浜へ。

ブログを書くつもりだったが、倒れ込むようにして眠ってしまった。

皆さんも機会があれば、いろんなカヤックに乗る事をお勧めします。

のぶぞう。

|

« Desperado 紹介動画完成 | トップページ | カヤックフィッシング蕎麦ミーティング »

カヤックフィッシング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459342/40156018

この記事へのトラックバック一覧です: プチツーリング 漕ぎ練:

« Desperado 紹介動画完成 | トップページ | カヤックフィッシング蕎麦ミーティング »