« La!! VIVA QLD オーストラリアは釣り天国 のはずが つづき | トップページ | La!! VIVA QLD オーストラリアは釣り天国 のはずでしょう?! »

2011年5月 1日 (日)

La!! VIVA QLD オーストラリアは釣り天国 のはずが ボチボチでしょう。

早朝から晴れ渡っていた、先週まで雨や曇りで晴れ間は殆どなかったというのが信じられない程だ。

宿泊先の前の広場にてバザーをやっていた。
なんぞ、釣りに使えるモノでもないかなと見回すと釣具を売っている人を発見、近づくと人の良さげなおっちゃんが「ぐっでぃ〜はうゆ〜」と聞いてくる。これには「ぐっゆ!!」と答えるのがよろし。
オージーいんぐりっしゅである。

一見すると、外洋トローリングで使うような大型のタックルやらルアーのみ。

フリマなのに結構高い!!ボート持ちのスギタニさんにでも買って行こうかと思ったが、悪い男に騙され続けたスレたおばちゃんのように渋い日本の魚には厳しいでしょう。ということで諦めた。

近所のローカルフィッシングショップへ寄り、少し小さいフローティング系ミノーとオモリとハリを入手。そのまま、近くのボートランプへ行く。

オーストラリアは釣りに関するレギュレーションが厳しい、地域毎に色別分けられ細かなレギュレーションが決められている。

昨日の場所は緑で竿は一人一本でフックは一つが条件、ちなみにルアーのフックは複数でも一個とみなすらしい。

本日のポイントは制限が無いので何本でも持ち込める、スピアーフィッシングも出来る場所である。
ベイトを釣って泳がせが出来るようにジギングタックルに大きなハリをつけて持ち込む。

P1020954_2

公共のボートランプ(降ろし場所)が至る所にあるのがとても羨ましい。日本のように血税で作りながら一部の人達しか使えないようになっている場所とは雲泥の差だ。

P1020951

釣りのポイントは岩を積み重ねた堤防。釣り禁止などという無粋な看板はない(笑)
アオリも釣れそうな岩と海藻が混じったグッドポイント。

P1020948_2

早速餌木を投げる、昔見たDVDを思い出し、着底、二段シャクリを繰り返す。専用ロッドはウネリを上げ、ヒュンヒュンと小気味のイイ音を鳴らす。

ここで釣れたらカッコいいんだか、そうは問屋が卸さない。故にエギング嫌いなのである。

15分程キャストしてルアーにチェンジ、エサ釣りをしてる知人にはチョクチョクアタリがあるようだ、もう一人は二投に一回根掛かりしている・・・

エサ釣りは小さいながらもコンスタントに釣り上げる、カマスが釣れたのでベイトにして泳がせ釣りをする、これでほぼ完璧に大物が釣れるそうだが・・・
P1020949_2

エサ釣りに変更したい気持ちをぐっと堪え、ルアーをキャストし続ける。

泳がせのラインがいつ出ていくのか期待しながら横目でキャストを繰り返す。

が、ラインは動かず、気がつけば太陽は真上に。

早朝から沖で釣りをしてたボートフィッシャーマン達が寄港してきた。釣果も芳しく無いらしい。
沖から真っ黒な雲が流れて来て大粒の雨が降り出した。あっという間に衣服が濡れる。がオージースタイルなのか全く動じず止める気配は無い。

それでも昼過ぎにストップフィッシング!!!ち〜〜ん!!!本日も魚の顔を拝まず撤収。

一路250km離れたタウンズビルを目指す。まあ、あと五日はあるからな〜とまだ余裕であった。

つ・・・つづくのか?

と、書いてる合間ですが水曜日にKAWAちゃん、ヨッシー、nishiさんと開成フォレストスプリングへ行ってきました。長浜へ出る予定だったんですが、風が強すぎるので断念。

Img_1376_2

久々ですね、前回あまり釣れず午前中でギブアップしました。

受付に行くと、福島の白川FSに行っていたスタッフさんが帰って来てたのでご挨拶。ここんとこHPを見てなかったので分からないのですが地震の影響は大丈夫だったんでしょうか?

おなじみのサードポンドは水量が少し少ない感じで濁りがキツいように思えました。
何投かしますが、反応があまり良く無いのでファーストへ移動、

「んんんんっ!!!」魚が多い。

過去見た事ないほど魚が泳いでいる・・・群れにキャストすると何匹は反応してくれます、何度かキャストすると小さな奴が元気にアタックしてくる、釣り上げるもリリース。

本日はお土産を釣ってくるように遠藤家から厳命を受けているので真剣モード。
奥の水車周りで師匠とヨッシーがフライを始めたのでそちらに移動する。

kawaちゃんの横に行き、缶ジュースを賭けてスプーン縛りで勝負!!
即ヒットするもスレ・・・見事取り込むも意義申し立てをされ勝負はそのまま継続に。

即、kawaちゃんがヒットし勝負に負ける。

それにしても反応が良いので気持ちがいい。

立て続けにナイスサイズが釣れる。

にしても風がとても強い、正確にリトリーブしているが風でラインを引っ張られルアーにツイッチがはいってしまう(笑)

Img_1369


Img_1368

サイズもさることながら、とても元気がいいので2lbナイロンは切られまくりヒットルアーを持って行かれる・・・(涙)

次回は3〜4lbにしようと心に決め終日釣り続け気がつけば昼過ぎ。

あれだけあったアタリもピタリと止んだので休憩を兼ねてお昼を食べに。

美味しい足柄コロッケカレーを食べ、あと二匹釣ったら止めると宣言しポンドに戻る。

あまりに釣れないのでフライを借りて投げる、午前中からフライはコンスタントに釣れ続けてるのだ。
次回は一応フライのセットも持って行こうなどと弱気になる。

なんとか二匹を釣り上げ腹を捌き撤収。


Img_1374


Img_1375

今日は釣りまくったな〜と喜んで重いビクを持って行く、と 途中でフライ組が何匹か俺のビクに投入していたことが判明・・・・(悔)

あ〜デカイのは俺が釣ったんだ〜と喚くも軽く聞き流される。

早めに撤収した筈が結構な数を捌くといつもと同じ5時近く。お疲れさまでした〜!!


Img_1377

しばらく、元気なお魚と遊べるようです、なんでこんなに魚が多いのかな?と考えたら養殖場は福島県にあるので原発の影響を考え、こちらに多く運んでいるのかな?と勘ぐったのですが、違ったようで
、ただ単にGW前に連日大放流しているだけでした!!

GWは風が強い日が多そうですね、せっかくの釣りモードも天候には勝てません。

無理せず陸っぱりや管釣りで心を和ませましょう(笑)

のぶぞう

|

« La!! VIVA QLD オーストラリアは釣り天国 のはずが つづき | トップページ | La!! VIVA QLD オーストラリアは釣り天国 のはずでしょう?! »

カヤックフィッシング」カテゴリの記事

コメント

のぶぞうさん
おはようございます。

「悪い男に騙され続けたスレたおばちゃんのように渋い日本の魚・・・」

すいません、腹がよじれるほど笑いました(;´Д`A ```
南のほうではともかく、人口密度の多い本州だとそうですよね((笑))

スロープが公共で提供されている環境、羨ましいの一言ですね。

投稿: けーふぁく隊長 | 2011年5月 2日 (月) 07時03分

けーふぁくさん

世界二位であった経済大国も遊びに関しては・・・という感じです。

公共スロープが工事業者の利権になれば、一挙に増えると思います(笑)

公共スロープ運営財団を設立し、農水省の幹部さん達の天下り先として提供しましょう!!!(爆)

投稿: のぶぞう | 2011年5月 5日 (木) 15時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459342/39815565

この記事へのトラックバック一覧です: La!! VIVA QLD オーストラリアは釣り天国 のはずが ボチボチでしょう。:

« La!! VIVA QLD オーストラリアは釣り天国 のはずが つづき | トップページ | La!! VIVA QLD オーストラリアは釣り天国 のはずでしょう?! »