« kayak fishing in Under the radioactivity カヤックフィッシング被曝隊 | トップページ | 春真鯛 ノッコミか? 二日目に出ました!! »

2011年4月 1日 (金)

春真鯛 ノッコミか? 初日は坊主。

つり人天国にて釣り情報を読むと、各地にて真鯛のノッコミがスタートした情報が掲載されていた。

記事はおおよそ半月前なので、寒い日が続いたとはいえ、少し岸よりに来ていると予想。

東伊豆からぐるっと南伊豆経由で西伊豆まで遠征しようかと計画。

丁度飲み会後だったので、サウスウインドに挨拶がてら計画を報告すると南伊豆にある艇の運搬を依頼された、自分も関わっていたカヤックやクラブハウスの状態が気になっていたので、遠征先を南伊豆へと変更。

当初、ホビーを持って行く予定だったが、現地で置いてあるカヤックに乗る事にした。

久しぶりの伊豆遠征。折角なので金谷旅館にて千人風呂を堪能し、中木方面から海を見ながら現地入り。

Dsc00998

久しぶりの風景、空気が美味い、そして自然の景観が素晴らしい。
三重の紀伊半島も良かったが、ワイルドさに置いてはこちらの方が上のような気がする。

Dsc00999
Dsc01000

さて、現地にて海へ漕ぎ出す。

湾内は風が穏やかですが、狙うポイントは水深40m前後なので堤防より先になる。
ここから風と波の具合が変わり、油断ならないので、タンデムをチョイス。
余裕を持って漕ぎたいのでフィールフリーのトライヤックにした。

Dsc01009

この子はフィッシグがし易いように前後に一個づつロッドホルダーが付けてあるので便利。
大人三人乗れるので前後スペースが広いのでロッドの取り回しも楽なのだ。

漕ぎ出してすぐに面白岩の下を抜けたり、奇怪な岩の横を漕ぎ進んだりと初めての人にはビックリするようなカヤック体験が出来る。

Dsc01011


Dsc01014

ともあれ、釣りが目的なので早々に湾外へ。

この付近のポイントはカヤックフィッシグデビュー時に通い続けた場所なので大概は分かっているつもり、が この時期はあまり漕いだことが無かったので絞りきれない。

タックルも鯛カブラ用だけなので、真鯛ポイントへ急ぐ。


Dsc01028


Dsc01025


Dsc01022

水深30m付近からインチクを落とし続けるもアタリは無い。
時折、小さな群れが過ぎるがイワシにしても小さ過ぎる。

鳥山も無く、静かな海。


Dsc01031

実績のあるポイント付近で始めるもあっという間に流される。

漕いでは戻り流されを繰り返すもアタリ無し。

ある程度の水深に行きたいが、風が強くなり出したので諦めて湾内へ。


Dsc01039


Dsc01037

堤防内、風裏に行きしばらくやるもアタリなし。

太陽が出てるのでポカポカしているが、風が冷たい。まだまだドライで十分だった。


Dsc01042


Dsc01044

初日は軽いジャブで止めておいた、明日以降に期待だ。

続く。

|

« kayak fishing in Under the radioactivity カヤックフィッシング被曝隊 | トップページ | 春真鯛 ノッコミか? 二日目に出ました!! »

カヤックフィッシング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459342/39446275

この記事へのトラックバック一覧です: 春真鯛 ノッコミか? 初日は坊主。:

« kayak fishing in Under the radioactivity カヤックフィッシング被曝隊 | トップページ | 春真鯛 ノッコミか? 二日目に出ました!! »