« 未曾有の災害で 何か出来る事は。 | トップページ | 春真鯛 ノッコミか? 初日は坊主。 »

2011年3月25日 (金)

kayak fishing in Under the radioactivity カヤックフィッシング被曝隊

未曾有の大災害から10日経ちました、未だ被災地では懸命な救援活動が行われております。

心より被災者の方々の健康と安全を祈っております。

Jリーグは延期、プロ野球も延期、コンサートもイベントも中止。停電の影響によりコンビニやお店も早仕舞い。

不景気が叫ばれる中、更なる景気の悪化は目に見えております。

普段の生活でも節電、倹約が叫ばれる中、誰が好きこのんで放射能汚染の危険がある太平洋の海へ漕ぎ出すのでしょうか?

何もかも自粛ムードですが、自分が被災していたら、多分こう言います。

「気にかけてくれてありがとう、自粛などせず、皆さんは皆さんの生活を楽しんでください」と

思いやる気持の自粛ムードも過ぎれば経済活動の低迷を呼び、さらなる財政悪化、復興への道のりも厳しくなります。

という訳で、福島原発の放射能汚染が連日テレビで放映される中、カヤックフィッシグへ行きました。

一度、藤沢方面へ行き、三浦半島を目指します、ガソリンスタンドの行列も無くなったので、給油も待たずに即ちゅうにゅうheart01(楽しんご風)

駐車場に着くと、すでに海にゃんが艇を降ろしスタンバイ中。

Dsc00963

その横で自衛隊?と見間違う迷彩のコロナを降ろしているランクルが・・・
被曝を恐れない大和魂の持ち主が他にも居ました(笑)


Dsc00965


Dsc00966

連れの友人は本日が初カヤックということでした、この雪だか死の灰だか分からない最悪の日にやってきた勇気ある友人に乾杯!!!

さてさて、と準備を始めよとするが、さ・・・・寒い!!! 雪がチラホラ(死の灰?)

散々寒い中カヤックやってきましたが、一番寒いんじゃないかな・・・・

元より動機が被曝なので、この先は海ニャンに任せ、陸上待機することにした。

放射能浴びてます!!!

Dsc00967

世代を超えての挑戦!!股間も晒します。

a href="http://kayaknobuzo.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2011/03/26/dsc00974.jpg" class="mb">Dsc00974

狙いはティップランにえアオリということで、あまり遠くへは行かず、水深10m前後を攻めるそうです。

パンティフラッグを装着し、いざ出陣!!!

Dsc00978


Dsc00980

Dsc00983

いや〜ほんと寒いっす。 シャレにならんす。

車の中で温々と待機をし、ティップランで釣ってくるであろうイカを待つ。

しばらくして、コロナも出艇!!隣の浜のビーチバムを目指すそうです。

Dsc00989

あ、津波注意の看板が新設してありました。


Dsc00976

あっという間に海ニャン帰還!!寒すぎなので当たり前ですが・・・

水深10m前後にはアオリは居ない!!との事でした。

そろそろ、真鯛かな〜と思ってたのですが、もう少し先のようですね、折角なので伊豆方面へ遠征に行ってこようと思います。

Dsc00992

早々に屋内退避をし、暖かいコーヒーを飲みながら仕事休みのチャーリーと共にゲームをする。


Dsc00994


Dsc00995


ほとんど人が居ない長浜でしたが、いつもと変わらず漁師さんは漁をし、犬の散歩をする人も多数。

心配しても仕方が無いので、そろそろ日常を取り戻しましょう。

が、もう少し安全が確保出来るまでは小さなお子さんを釣れてのカヤックフィッシングは止めましょう。

のぶぞう<

|

« 未曾有の災害で 何か出来る事は。 | トップページ | 春真鯛 ノッコミか? 初日は坊主。 »

カヤックフィッシング」カテゴリの記事

コメント

そうなんですよね。
働ける人は働く!
助けられる人は助ける!
遊べる人は遊ぶ!

善意と偽善と腹黒さが入り混じった世界にちょっと嫌気がさして自分のブログでは毒吐いてます~

今は車が遊べる状態ではないですが、近々復活します!!

投稿: たーたん | 2011年3月26日 (土) 01時49分

海ちゃんのケツが見れなくなったじゃん(;´Д`A ```

僕も被災地に家族が居たり心配ですが、海にも行きたいです!

投稿: けーふぁく隊長 | 2011年3月27日 (日) 20時27分

たーたんさん

コメントありがとうございます。

被災地の人達や懸命に救援活動してる方々には申し訳無いと思いますが、人が死んでも生きてる人間は腹が減るんです。

未曾有の災害で生きている人達の心が死んでしまっては復興にほど遠いと思います。

いつになったら普通の生活をしていいんでしょうか?

いつになったら腹の底から笑っていいんでしょうか?

災害という名の下に 節約、倹約という名の下に、楽しみにしていた旅行をキャンセルしたり、お祝いの席を自粛したりして、只でさえ疲弊した経済に追い打ちをかけてます。

けーふぁくさん

写真はご本人の承諾を得ずに載せてしまったので自主規制しました。

自分が死んだ側ならば、生き残った人達が、いつまでも泣いていたり、悲しんでいたり、苦しんでいるのが一番辛いです。

生きている事に感謝して生きましょう!!

あ、ちなみに

国民に平気で嘘をつく政府、政治家がいる国は繁栄しないと思います
・・・

投稿: のぶぞう | 2011年3月27日 (日) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459342/39365107

この記事へのトラックバック一覧です: kayak fishing in Under the radioactivity カヤックフィッシング被曝隊:

« 未曾有の災害で 何か出来る事は。 | トップページ | 春真鯛 ノッコミか? 初日は坊主。 »